雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2016年10月28日

いじめの認知

昨日(2016.10.27)、文科省は平成27年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(速報値)を発表した。

それによれば、例えば都道府県別 いじめの認知件数等(国公私立)1000人当たりのいじめの認知件数は、和歌山県がワースト9位であることが分かる。ただ、昨年度の調査ではワースト6位だったから少し良くなっているのだろう。

しかし、学力テストやこの調査結果などをみると、和歌山の将来が少し心配になってくる。

1000人当たりのいじめの認知件数
都道府県名平成27年公表平成28年公表
京 都 府85.490.6
宮 城 県69.970.8
山 形 県36.5 48.4
宮 崎 県66.0 47.2
千 葉 県39.9 45.6
鹿児島県26.4 31.3
大 分 県25.3 29.9
山 梨 県25.3 29.1
和歌山県33.827.6


参考:なぜ?いじめ全国最多は京都府 1000人当たり90・6件、小学校で大幅増…

この結果について、京都府教委は初期の段階でもいじめに認定したためとしており、「悪い結果と思っていない。どんな小さなことでも見逃さず、解消していくため」と説明しているそうだ。  


Posted by ecell at 12:41Comments(0)行政

2016年10月22日

全国学力テスト、2教科で全国最下位

文部科学省は、平成28年4月実施の全国学力テストの結果を9月29日に発表した。
それによれば、和歌山県内では小学6年生の国語基礎と、中学3年生の国語応用が全国最下位だった。

全国平均と比較すると、全国平均と同じだった中学数学Aを含め全教科が全国平均以下である。
小学6年生は、国語、算数のA、B(応用問題)とも、全国平均との差が昨年度より開いてしまった。

小学6年生の全国順位


中学3年生の全国順位


過去三年間の科目別順位は上記のとおりである。
昨年の小学6年生が頑張ったのに、それをつなげることができなかったことが残念だ。

  


Posted by ecell at 12:55Comments(0)行政

2016年08月01日

選挙は民主主義のキモ

都知事選が終わった。先の参議院選挙と同様に消去法で小池氏が当選した感が強い。候補者を比較すると、この人がまだマシかなぁという感じ。

選挙の結果は予想のとおり。でも、今回の都知事選はかなり面白かった。というか、選挙制度は、民主主義を支える根幹的な制度だと思った。

鳥越さんという方がどういう人間であるかということがなんとなく分かった。宇都宮さんが最後まで彼を応援しなかった理由もわかった。それに宇都宮さんの支援者が泣いた理由も良く分かる気がした。

鳥越さんの女性問題が週刊誌で報じられた。こんなときに10年以上も前の話を、選挙妨害だと陣営は批判した。でも、鳥越さんが立候補していなかったなら、被害者サイドもそのような事実を週刊誌に提供することも無かっただろう。

そんな酷い人間が都のリーダーの選挙に立候補するなど許せなかったのではないだろうか。

噂されていた「東京都のドン」「伏魔殿トウキョウ」の事実も明らかになってきた。高校を中退し、若い頃反社会勢力に関係していたのではと噂される人物が都の実権(お金と人事権)を握り続け、いじめにより都議会議員を自殺に追い込んだという証拠の遺書さえ猪瀬元知事から公開されてしまった。

そして、自民党の推薦候補者が告示直前に東電の社外取締役を辞していたこと。過去の行政実績が言われるほど良くないという意見、過去には東京一極解消を訴えていたこと。さらに問題はその取り巻きというか、応援団が酷かった。とくに、自民党都連の組織締め付けの通達、石原親子の贔屓の引き倒しのごときスピーチ。

このようなことが選挙を通じてわかってきた。それにしても、大島の皆さんには消費税を5%するという公約、森進一さんや加藤登紀子さんなどの歌手を呼び、歌を歌ってもらうなど、少し公選法の疑義があるような選挙活動も見られた。

もちろん、当選した小池氏にも政治資金の問題が指摘されている。まぁ、この人こそ政治家だという人物は見当たらないね、人間として、この人はまともだと思う人に投票するほかないのだろうか。

これから、政党推薦のなかった小池氏が当選したことから、与党野党ともに責任問題が話題になるのかな。

選挙結果:
小池氏は290万票、増田氏180万票、鳥越氏は135万票、上杉氏18万票、桜井氏11.4万票  


Posted by ecell at 09:22Comments(0)行政

2016年07月18日

2016参議院議員と都知事選

参議院議員選挙は、改憲勢力3分の2を阻止できなかった民進党の敗北に終わった。国民の多くは、必ずしも自民公明を支持したわけではなさそうで、ある世論調査によれば、野党がダラシナカッタので与党を選択したようだ。

確かに、政権与党にも、野党にも当選させたくない現職議員はたくさんいた。反対にどうしても当選させたいという候補者はいなかった。ひとりも政治家なんていないんじゃないだろうか。みんな政治屋ばっかりじゃないの。

今、都知事選が始まっている。小池、増田、鳥越の各氏がメインらしい。投票権も無いし、あまり興味もない。ただ、自民党都連の幹事長に興味を持っている。

舛添前知事の辞任の経緯、辞任の際の密約の有無など、伏魔殿東京都を変えることができるのは誰か。以上の三人の誰もができないだろう。

青島さんという方が知事のとき、都のゴミ問題に取り組んでいる都職員と親しくなっていろいろお話を聴いた。

海沿いの江東区や山間部の日之出町などにゴミ問題を押しつけているのではないだろうか。ゴミの減量、特に生ゴミを焼却せずにそのまま埋めることの諸問題もある。日之出町の処分場が原因かもしれない地下水の汚染、ゴミ問題にまったく寄与していない新宿区など原因者負担の導入も考えるべきではないだろうか。都のゴミ問題は、新たな処分場を確保しないとあと数年で破たんする等々、真剣に語っていた。

知事がだれであろうが、都の職員は優秀な人が多かった。だから、知事はだれでも良いとは思わない。今度の都のオリンピック、パラリンピックをギリシャの昔に習い、できる限り質素にするのか、利権にまみれた商業化のそれにするのかは、まさに政治の課題だと思う。

いずれにしても、都民の皆さんがお決めになることで、外野がとやかく言うことではないのでしょうが...

それにしても、自民党は小池氏をどうして除名しないのだろうか。小池氏を悲劇のヒロインにはしたくないとは思うのだけど...
  


Posted by ecell at 09:25Comments(0)行政

2016年04月25日

泣いてる「くまモン」

漫画家のちばてつやさん(77)が激励の漫画を描きました。女優の能年玲奈さん(22)も水彩画を描いています。



 リサイズしています。


ちばさんの「みんな、そばにおるたい」って激励の言葉がいいです。能年さんの、おびえている女の子を後ろから優しく支えているくまモンの絵もいいですね。ぎゅっと握った両手が印象的です。

現在、くまモンは14日の地元テレビへの出演後、全てのイベントをキャンセルしているようです。→ くまモン隊出動スケジュール



参考:
熊本県からのお知らせ:くまモンのイラストの支援活動等への利用について
現在、平成28年熊本地震支援のための、募金活動、チャリティーイベントを実施するにあたり、くまモンのイラストを利用したいとの申し出を多数いただいております。
通常であれば、「くまモン利用申請」の手続きを経て許諾を得ていただく必要がありますが、下記(1)の利用対象に該当するものに関しては、特例措置として届出制(許諾不要)とします。
※、下記(1)=>熊本地震支援のための募金活動、チャリティーイベント等(詳細は上記の県サイトでご確認を願います。)  


Posted by ecell at 16:45Comments(0)行政

2016年04月21日

熊本県警のりら☆くまこさん

熊本県警察本部Twitterの担当者のりら☆くまこさんのツイートを読んでいると、熊本の現況が少しわかる気がした。


参照:熊本県警

この警察官(女性警部?)の被災事情は、不明ですが、どうやら車の中で泊っているようです。余震と不安のなか県警に通勤し、ツイッターで情報を提供しています。

以下は、彼女のツイートの抜粋です。

(私の家は、まだ断水しています。トイレも使いたいし、亀吉たちの水替えもしたいです。お風呂も入りたいです!洗髪したい!今日は、少し離れた温泉に行こうと思っています。被災者無料開放温泉センターは2時間待ちらしい!泊まり込みの上司は何日も風呂入ってないのに・・ゴメン!)(りら☆くまこ)

熊本県警察本部 ‏@yuppi_KK 4月18日
(県警本部は、他県から派遣された警察官でごったがえしていますが、断水しており、手も洗えず迷惑かけています。被災者救出・復旧活動・交通整理等お世話になります。地域のボランティアの方々も早朝からの炊き出しや清掃・片付け・水汲み、感謝しております!)(りら☆くまこ)

熊本県警察本部 ‏@yuppi_KK 4月16日
熊本県警察本部さんがイブキ司(もち)をリツイートしました
(避難所や車の中で寝ている方々は、睡眠不足と思います。私も車の中で寝ています。昨日も風雨と余震で寝不足です。断水しているので、顔も洗ってません(泣)朝食は、避難所でもらった乾パン1枚です。)(りら☆くまこ)

熊本県警察本部 ‏@yuppi_KK 4月15日
(今の余震は、ガツンと縦揺れで大きかったですね。注意してください!)(りら☆くまこ)


次の警部によるツイートも印象的で、ちょっぴりジーンときました。

熊本県警察本部 ‏@yuppi_KK 4月19日
(久しぶりのツイートです。発災後、仕事で家にも帰れず、家族にも会えなかったんですが、先日家族が職場におにぎりを持って来てくれました。妻には子供のことや壊れた家のことなどすべて任せっきりで、子供達も父親がいなくて不安だったろうに、私の事を心配してくれて。涙が止まりません。)(警部)


今日21日8時01分、熊本市に大雨警報が発表されました。心配です。  


Posted by ecell at 10:12Comments(0)行政

2016年04月15日

直ちに情報を集めよ

昨日4月14日21時26分ごろ、熊本県において震度7の地震が発生した。熊本大地震だ。

直後、航空自衛隊築城基地(福岡県)からF-2A戦闘機2機が緊急発進(スクランブル)した。

地震発生から21分後の21時47分、災害派遣要請を受諾する前から自主的に情報収集活動をするため、平成のゼロ戦と呼ばれる単座国産のF-2A戦闘機が飛び立った。最大マッハ2の音速機だ。



東北大震災、鬼怒川決壊など自衛隊の救援活動は称賛に値する。昨日も、いわゆる5分間待機のパイロットがアラートルームを飛び出し、命令を受け5分以内に緊急発進(スクランブル)した。次いで九州北部の各基地・駐屯地から陸海空自衛隊のUH-1Jヘリコプター2機、UH-60/SH-60ヘリコプター5機、P-3C哨戒機1機、U-125A救難捜索機2機を相次いで発進させたという。

なかでもUH-1Jヘリコプターは、リアルタイムで地上部隊や首相官邸さらには一般家庭のTVにまで送信可能な映像伝送システムを搭載しているらしい。

緊急時における自衛隊員の任務は大変なものである。ありがたいものだと深く感謝の意を捧げたい。  


Posted by ecell at 20:21Comments(0)行政

2016年04月05日

和歌山県の英語教育

文部科学省は4日、全国の公立小中高校を対象にした2015年度の「英語教育実施状況調査」の結果を公表した。
和歌山県はどうだったのだろうか。

まず、都道府県別の中3の英語力は、47都道府県中で11位。39.9%の生徒が英検3級以上を取得、または英検3級以上相当の英語力を有しているらしい。素晴らしい!

ところが何と!
高校生になると46位と下落。22.5%の生徒が英検準2級以上を取得、または英検準2級以上相当(英語教育を主とする学科の生徒は除く)であった。

高校生の英語力1位の群馬県が49.4%だから、その差は大きい。それもそうだが、和歌山県では、中学時代の英語力が高校になると伸びていないようだ。いや、英語力が大きく下がっている感じがする。これは何を意味しているのだろうか。

なお、英語担当教員の英語力も14年度に続き公表したらしいが、詳細はわからなかった。
全国平均でみると、英検準1級を取得した教員の割合が中学が30.2%、高校が同57.3%とのことである。

参考:
毎日新聞 4月4日(月)20時53分配信
都道府県別 中3の英語力
都道府県別 高3の英語力

蛇足:
和歌山県の中学生の英語力が比較的高い理由
国際人育成プロジェクト 和歌山県教育委員会
「和歌山県国際人育成プロジェクト事業に係る平成27年度中学3年生外部検定試験」実施要領  


Posted by ecell at 08:39Comments(0)行政

2016年03月31日

10代の自殺

1990年代以降、子供の自殺が上昇傾向にあるとの報告があります。報告者の舞田敏彦さんは、その理由について次のように分析しています。

今の子どもの「生きづらさ」をもたらす現代的状況とは、一言でいうなら、「逃げ場がない」ことだと思います。


そう分析をして、イヴァン・イリイチという学者の『脱学校の社会』という著作(原著1970、邦訳1977)を紹介しています。情報化の現代、学びの場は学校だけではないんだよ、と述べている。全く同感です。




参考:小・中学生の自殺、原因の1位は「学業不振」
  


Posted by ecell at 09:51Comments(0)行政

2016年03月26日

選挙が近い

本年は3年に一度の参院選イヤーで、参議院議員の半数の入れ替え選挙が7月25日任期満了日前の日曜日(7月10日が本命か)に実際されます。6年前の参院選では多くの旧民主党の議員が当選している(旧維新の党も改選組が多い)ので、今度の選挙でどれぐらいが再選されるのか、旧民主党(民進党)にとって、今後の党勢を左右する極めて重要な選挙であります。

注:2010年の選挙のときは民主党政権でした。

7月改選の参議院議員には、徳永エリ(北海道)、小西洋之(千葉)、輿石東(山梨)、小川敏夫(東京)、蓮舫(東京)、田中直紀(新潟)、福山哲郎(京都)、江田五月(岡山)、柳田稔(広島)、それに比例区では、有田有生、白眞勲、前田武志などの議員がおられます。

どこまで、民進党が踏ん張れるのか。その前に、来月の4月24日、衆院京都3区補欠選挙と衆院北海道5区補選が実施(4月12日告示)されます。この補選は、自民党の宮崎謙介元衆議院議員の辞職、町村信孝元衆院議長の死去に伴うもので、自民党の議席でした。

しかし、自民党は衆院京都3区補挙に候補者を立てないようです。どうやら、野党間での闘いになるようです。この二つの選挙結果が7月の参院選に与える影響は大きいと予想できます。

仮に野党連合が連敗すれば、もしかすると増税見送りの是非を問うという名目で、自民党は衆参同時選挙をしかけるかもしれません。アメリカの大統領選挙とともに、我が国の今後の国政を左右する選挙になりそうです。新たに選挙権を行使する10代の方々の選挙による意思の表示も注目されています。

なお、保守王国として知られている和歌山県選挙区の改選議員は、自民党の鶴保庸介議員です。2010年、6年前の選挙では、民主党の島久美子さんに圧勝しています。273,960票vs157,717票。

現在の状況は以下のようで、おおさか維新からの出馬があるのかどうかは不明です。

 鶴保 庸介 48 党参政審会長 自(二)現
 坂田 隆徳 36 元議員秘書  民   新
 坂口多美子 40 党県常任委員 共   新
 西本  篤 45 党県副代表  幸   新  


Posted by ecell at 12:42Comments(0)行政

2016年03月11日

宮城県南三陸町の女子職員

あれから、もう5年が過ぎたのか。5年前の今日、2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒、仙台市の東方沖70kmでマグニチュード9.0の大地震があった。

その後ところによっては、10mを超える大津波が寄せ、また大火も出た。多くの方々が亡くなり、傷を負い、甚大な被害を受けた。まことに悲しむべきことであった。

その日午後2時46分、宮城県南三陸町職員遠藤未希さん(24)は防災対策庁舎2階にある危機管理課の放送室に駆け込み、防災無線のマイクを握った。

「高台に避難してください」

彼女の声を肉声で、或いはテレビなどでお聞きになった方もたくさんおられるでしょう。この日、遠藤さんのように自分の職務を遂行して命を失った方は少なくないでしょう。



水門閘門を閉めるため、火事を消そうと被害者を助けようと火炎に向かったため、避難する人々を誘導するため、どれほどの水防、消防団員や警察官が犠牲になったのだろうか。

今日、午後2時40分に携帯のアラームをセットした。46分まで黙とうを捧げたい。  


Posted by ecell at 09:20Comments(0)行政

2016年03月02日

和歌山市は1,742市町村で1,649番

自分の愛するもの、大好きなものを悪く言われるのはつらいし悲しい。幼い頃の最悪の悪口は「おまえの母ちゃん出べそ」かも?

株式会社富士通研究所がオープンデータを活用して地域の特性を見える化しているサイトがある。このサイトでは、和歌山市は1,742市町村で1,649番の総合評価で、項目別では防犯と交通安全の評価が低い。それとゴミ問題。平均寿命も良くない。



このサイトは、日本の省庁などから公開されている統計データを利用して、全国の地域の特徴を市区町村単位でグラフ化しているらしい。おそらく、筋の通った分析なんだろう。

それにしても悲しいことだ。上位とは望まないが、せめて半ばあたりの評価を得たいものだ。和歌山市以外では、なんと有田市1,735、海南市は1,702番と県内2市がワースト50入り。

サイト:オープンデータによる地域特性のEvaCva  


Posted by ecell at 08:59Comments(0)行政

2016年02月27日

自民党も民主党も

自民党は、政権を失った頃の謙虚さが無くなってきて、腐敗というか、堕落してきているね。不倫、政治資金、失言、暴言、勉強不足etc。

一方の民主党。確かに政治的センスが無い。何なのあのポスター、離党騒動の鈴木貴子議員を党大会の議長選出ってどういうこと。それに、政府与党との論戦の拙さ。かろうじて、野田前総理の質疑だけが評価できる体たらく。




7月の選挙が心配だ。問題が山積する我が国において、緊張感のある政治状況を創るためには野党は頑張らなければいけない。

率直に言って、エラーをした後の自民党の対応はさすがだと思う。甘利大臣の更迭、不倫議員の辞職等の迅速な対応。補欠選挙の立候補自粛などは納得できる政治判断だと思う。

このような状況では、残念だけど、民主党には期待しかねる。政治的センスが悪すぎる。野合の何が悪いなんて、信念を持つ政治家が言うべき言葉ではない。

このままではいけない。民主党内にも立派な人がおられる。勿論どうしようもない人もいるけど、政策を練り上げ党内議論をまとめ日本国のために党が再建されることを期待したい。

蛇足:
各党は、政策というか、我が国はどうあるべきか等の考え方を明らかにして欲しい
1 自衛隊は違憲か合憲か
2 冷戦後の世界、特に東アジアの現状認識、日米安保条約
3 消費税と財政再建
4 二院制と議員定数
5 地方分権
6 自国産業保護と自由貿易etc
つまり、安全保障、経済財政、国家のあり方に係る政策を明示してほしい。
  


Posted by ecell at 20:30Comments(0)行政

2016年02月09日

津波速報メール誤送信の疑問

1月1日14:08と15:15の二度、エリアメールで津波発生の警報があった。結局、誤報であったのだけど、その原因について、「知事からのメッセージ」で次のように説明している。

今回の誤配信の原因は、この和歌山県津波予測システムは海面の異常浮上を感知した時に津波を感知するのですが、海面変動の基準となる今年の理論潮汐データを県において入力していなかったため、通常の潮汐変動をすべて津波と判断したことによるものであったと判明しています。

さらっと読むとそんなものかなと思うのだが、この説明では以下のような疑問が生じてくる。

1「通常の潮汐変動をすべて津波と判断し」ならば、1月1日の午前零時に警報が出されたはずではないのか。
和歌山県 和歌山市 湊青岸 潮汐観測資料 速報値 和歌山 (WAKAYAMA)
気象庁 潮位表 和歌山(WAKAYAMA)

2「システムは海面の異常浮上を感知した時に津波を感知する」のではなくて、「異常な干満が生じたときに津波を感知する」システムだと思うのだが...

因みに、1月1日の誤配信を出した14:08は、満潮時(10:50頃)から17:12の干潮時まで潮は浮上ではなくて、潮が引いていく時間帯であったのだから。

このような疑義があり、ちょっと調べてみた。以下は推測も含めた誤報の原因である。

まず第一は、このシステムが昨年導入されたものでスタッフが不慣れであったことや運営体制が安定していなかったことを理由にあげることができよう。

次に、このシステムが世界標準時でデータ管理されていたものと推測でき、日本標準時との誤差9時間を考慮すると、1月1日午前9時が世界標準時の午前零時になる。この日本時間での午前9時は和歌山ではほぼ満潮時である。

この時点では異常は生じていない。つまり、満潮であったが幸いにも、標準潮位から50cm以上潮位が上がらなかったのだと思う。しかし、干潮時の14時ころ、潮位が50cm以上も下がってしまった。システムは、この異常を認知して警報を発した。

したがって、システムそのものの欠陥ではなく、まさに職員のミスによるものであった。単に、干潮満潮等の補正データを入力しておけば、良かっただけの話である。できれば、串本沖の潮位測定装置から送られてくる潮位の値を公表すればどうだろう。ちなみに、湊青岸等の潮位データは公表している。

参考:和歌山津波メール誤配信「平穏破った」知事陳謝
蛇足:このエントリは先月の知事コメントの後に書いたもので情報に間違いなどがあるかもしれません...
  


Posted by ecell at 11:45Comments(0)行政

2016年01月02日

津波速報メール2回誤送信

昨日は元旦。
お雑煮を食べのんびりしている時間帯、

14:08、携帯の着信音があった。
「和歌山県沖にて大きな津波の観測がありました」

「ウム? まさか?」
まぁ、海や川からけっこう離れているからまぁ良いか。地震の通報も無いから間違いかもしれないし...

15;00 「津波がさらに大きくなっています」のメール。

15:15 「地震の発生は確認されていません」「メールを配信した原因については調査中です」
15:21 「地震の発生は確認されていません」「メールを配信した原因については調査中です」

17:04 「(お詫び)誤報であり、大変ご迷惑をお掛けしました。なお、原因は現在調査中であり...」

その原因は、「和歌山県が予報システムを適切に更新していなかったために、「DONET1(津波観測監視システム)」から送られてきた通常の潮の満ち干のデータを誤って津波と判断した」らしい。

海や川近くの温泉宿など大変であったろう。県庁への問い合わせ電話も一時集中しパンク状態であったという。

ここからは想像だけど、県庁の防災担当職員は水門閘門の遮断、県幹部出動等、連絡調整で大変だったろう。彼らは、県庁から何キロ離れる場合は届け出義務を課せられているなど24時間何時でも出動できるように求められている。

まぁ、お正月早々の訓練だと思って、津波が来なくて良かったなと思うことにしよう。

1月1日、何時だったかな、2001年だっただろうか。コンピュータの誤作動で、2001年1月1日には大変なことが起こると言われ、緊張してお正月を迎えたことがあったね。

しかし、県が発表した誤発信の原因、「DONET1(津波観測監視システム)」から送られてきた通常の潮の満ち干のデータを津波と誤って判断したのであれば、新年早々、つまり1月1日の午前零時過ぎにエリアメールが送信されるはずだったと思うのだが...

  


Posted by ecell at 10:26Comments(0)行政

2015年12月30日

最近のニュース

1 慰安婦問題が解決?

12月28日ソウルにおいて、日韓外相会議が行われ、いわゆる従軍慰安婦問題についての合意が整った。ただし、協定書等の外交文書を作成せず、共同記者会見で合意内容を発表したものの質疑応答はなかった。

この口頭での日韓の約束は、米国など第三者国にも通告されている。

合意の概要は、慰安婦像撤去等、韓国政府の合意内容の履行を経て、日本国総理の謝罪と10億円の韓国内で設立される財団への供出であるようだ。

韓国政府ははたして約束を守れるか。それにしても、日本国外務省は、韓国内法律でも違法、国際条約違法の大使館前の路上に設置されている像の撤去までお金を出して要請するという「体たらく」。情けない外交だ。

いずれにしても、「完全かつ最終的」に解決していた日韓請求権問題(いわゆる慰安婦問題を含む)が、「最終的かつ不可逆的」な解決に変わった。「不可逆的」という異様な言葉に驚く。この言葉によって両国間の信頼は地に落ちているのがわかる。当然のこととして、信頼できない韓国政府の言行を我が国はフォローしていく必要がある。もちろん、韓国政府でも我が国の言行をフォローする必要があるだろう。

しかし結局のところ、韓国政府はいずれ我が国に「究極的かつ絶対的」な解決を求めてくるのではと思ったりする。残念ながらこれまでの経緯を踏まえるとそう思わざるを得ない。韓国政府とは、今後1000年、お付き合いを遠慮するのが最善ではないだろうか。立派で良き人が多く住む国家なのに、残念だけど。

このようになった原因は、某詐話師、某悪徳弁護士、某新聞、それに某売名政治家たちであろう。彼らによって、両国の親和、信頼関係がズタズタになってしまったように思う。


参考
十億円の使い道 → 韓国の自由
これまでの交渉経緯等の情報、元慰安婦16人(追記2015/12/31:慰安婦名簿27人)の聞き取り調書、某新聞、某政治家等の関係者証言 → 公表しないし求めない

蛇足
わたしは、韓国政府との外交は、当面放っておくべきだったのでは、と考えていた。しかし、せっかくの合意である。これによって政府間での信頼が確立していけば良いと思うのだけど...


2 国会議員の育児休暇

国民感情から見てどうなんだろうか。議員二人(ご夫婦)で1億円以上の所得、せめて国民の平均所得で頑張っている人が権利を要求するのならともかく、不逮捕特権、鉄道グリーン車両無料パスなどさまざまな特権を放棄せずに権利だけを主張するのは、仮に正論であっても反発を呼ぶだろう。

そのような手段ではなく、一所懸命に子供を育てている国民のためになる、他の方法が有るのではないだろうか。

それにしても、仮に内閣総理大臣や閣僚が子育てのため1年(子が1歳に達するまで)の育児休暇を取得するのは無理だろう。それじゃ、政務次官は、政務官はどうか。国会の議長、委員会委員長、幹事等はどうだろうか。自治体の審議会委員はどうか。ほんとうは、国会議員であろうが育児休暇や介護休暇を取れるような社会・国家であって欲しいと思うのだけど、現実としては無理だと言わざるを得ないと感じる。

育児休暇だけではなく、介護休暇などが取得できずに結局仕事を辞め、ホームレスになってしまった話などを聞くと、この国の福祉政策の貧しさが悲しくなってくる。

自己責任の原則は理解できる。しかし、自己責任ではどうしょうもないケースもあるのは事実だ。必要な救いの手、セーフーティネットの充実。わたしたちが「この国に生まれて良かった」と誇れるような、福祉大国、いえ幸せ大国であって欲しい。みんなそう思っているに違いない。  


Posted by ecell at 10:18Comments(0)行政

2015年12月20日

橋下徹氏を凄いと思ったとき

一昨日12月18日、大阪市長を退任し政治家としても引退を宣言した。わたしは、彼の8年間(38歳から46歳まで)をつぶさに見てきたわけではないが、立派だなと思ったことが時々あった。

なかでも象徴的だったのは、桜宮高校の生徒の自殺をめぐる一連の対応である。その学校はスポーツ強豪校として有名な学校であった。そこに憧れる中学生も多かった。

今から2年前の12月23日、バスケットボール部のキャプテンが自殺をするという事件が起こった。調査の結果、顧問先生によるビンタが、試合に勝っても負けても、チームを引き締めるためなのか公然と日常的に行われていたことが発覚した。

自殺した生徒は恒常的に体罰を受け、自殺前夜には30~40回殴られていたという。

これより1年前、大津市において中2いじめ自殺事件が起こっていた。教育委員会の形骸化、ムラ意識の教育関係者、無責任な市長や政治家たち。この事件について、わたしは100回を超えるエントリを書いた。

そういう状況下で、橋下徹氏は徹底した桜宮高校の改革断行を求めた。市長権限として、桜宮高校に関する予算の執行を停止するとまで言った。

わたしはこのとき感動した。そして、その後「都構想」住民投票で否決されたときの記者会見での引退表明でも彼は凄いと思った。

彼は敵も多かったが味方も多かった。来年夏の参議院選(衆参同時選もありか?)で復帰するとか何とかの噂もあるが、このまま、完全に表舞台から去っていくことを望んでいる。それが彼を一層印象深くすることだろう。わたしはそうしてもらいたいと思っている。  


Posted by ecell at 10:33Comments(0)行政

2015年12月16日

地域活性化にドローンも良いね

昨日政府は、国家戦略特区に千葉市を指定し、小型無人飛行機(ドローン)を使った宅配ができるようにすると発表した。

既に無人機は、米国などの先進国ではGPSなどを使用して遠く離れた所から操作をすることにより、経済活動や戦争の実用的な道具となっている。

しかし、我が国では、ドローンによる空からの撮影など趣味以外には、防災活動などごく一部の利用にとどまっている。

航空法では、ドローンは高さ150メートル以上や人口集中地域では飛行が禁止され、目視による監視も常時求められており、安全性確保の観点から厳しく規制されている。

今般、こうした規制を緩和し、ドラッグストアからマンションの各戸のベランダなどに、ドローンで薬や日用品を届ける計画がある。さらに、テレビ電話で服薬指導を受けて処方薬を買えるよう規制を緩め、外に買い物に出にくい高齢者や子育て世代などの利便性を高める計画もあるという。



 出典:朝日新聞

このほか、政府は外国人の人材の受け入れを進める広島県と愛媛県今治市、介護ロボットの開発を進める北九州市でも、それぞれ特区の指定を決めた。

和歌山の県や市町村も、無人自動車、タックスフリー、義務教育免除、特定の外国語使用専用区域などの特区の申請をやれば良い。バカげたことでも街おこしにつながるかもしれない。沈滞より活気。楽しいことをやってみようよ!  


Posted by ecell at 11:10Comments(0)行政

2015年10月06日

たばこ注意の教頭殴る

先週の2日(2015.10.2)の午前11時15分ごろ、加古川市立中3年の少年(14)が校門の前でたばこを吸っているのを女性教諭が見つけ、注意した。これに少年が反抗し、殴ろうとしたため、教頭が仲裁に入ったところ、殴られたという。産経新聞

このクソガキ、失礼、中学生は15分間、男性教頭(51)の胸ぐらをつかみ、腹を殴るなどしたそうだ。中学生は容疑を認めているという。

それにしても、教頭先生は偉いな。殴り返しもせずひたすら警察官が来るまで耐えたのだろうか。せめて、専守防衛で、利き腕をネジあげるとか、抑え込むとかは幾ら教師だって許されるのだと思うんだけど。

ところで、生徒に注意した女性教諭は、集団的自衛権の行使反対で、教頭先生が殴られているのを傍観していたのだろうか。あるいは教員室に助けを呼びに駆け込んだのだろうか。それとも、昼前の校門前での暴行であり、現場を見かけた通行人が110番したのだろうか。

いずれにしても、15分間は長い、その間先生たちはどのように対応をしたのだろうか。もっと先生たちに懲戒に関する権限を与えればどうだろう。昼前、自分の学校の校門の前でタバコを吸い、注意されると教師に暴行を働く。こういう生徒にも教育的配慮が必要だという尤もなご意見もある。しかしはたして、このケースで警察に連絡し生徒を逮捕させたことを誰が批判できようか。  


Posted by ecell at 14:25Comments(0)行政

2015年09月18日

安全保障の体制強化

ロシアのウクライナ(クリミア半島→自治共和国)侵攻、中国の海洋進出、北朝鮮の核開発、シリア内戦、イスラム過激派のテロ行為など。我が国を取り巻く環境はもちろんのこと、世界の状況はいわゆる冷戦時代とはずいぶんと変化してきている。



「シリアの女の子にカメラを向けたら…武器だと思って降伏した」

昨日17日、来日中のグエン・フー・チョン・ベトナム共産党書記長が東京都内で講演し、ベトナムが中国と領有権を争う南シナ海問題について「シーレーン(海上交通路)は日本の利益に直接関わる。日本も(防衛の)責任がある」と述べ、日本との安全保障協力に期待を表明したそうだ。

今日午後、参議院本会議で可決されるであろう安全保障関連法案について、世界各国はどう見ているのだろうか。中国と条件付き歓迎の韓国を除き、世界各国は我が国のこの法律案に賛同あるいは期待を表明しているのだ。

わたしは、我が国が隣国であっても、間違っていること、正義に反することがあったならば、内政干渉にならぬ範囲内で堂々と言うべきことはいうことが肝心だと思う。それによって仮に敵視されることがあってもやむを得ないのではないだろうかと思う。

望んで敵を作る必要はないが、犯罪国家や反日国家とは無理をして積極的に友好関係を強める必要はない。中国と韓国政府、あるいは国内の代弁者たちは、日本はアジアで孤立しているなどとよく「アジアで」と言う。しかし、彼らが言う「アジア」とは中国と韓国(プラス北朝鮮)のことである。

このような隣国と仲良くしようと思ってもそれは難しいことだ。きっと、これら三つの国はやがて内部から崩壊していくことだろう。我が国は、この地域、極東の平和と安穏を守るため、それを防がなければならない。つまり、これらの国々がより豊かで民主的かつ平和的な国家に変化していく手助けをしなければならない。

上から目線の言い方だけど、とても時間がかかるかもしれないことだと思う。でも互いがリスペクトしあって、価値観を共有し、平和に生存する日は何時か来る。だって、中国や韓国の人たちのなかには素晴らしい方がたくさんおられるのをわたしは知っているから。  


Posted by ecell at 11:20Comments(0)行政