雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年05月21日

お休みが一日増えるかも?

国会で審議中だけど、祝日法が改正され、2年後の2016年から8月11日を「山の日」として、新たな祝日となる見通しだ。1995年に、7月20日を海の日に制定されたときから山の日の話はあったようだ。

ところで、現在我が国は「国民の祝日」が15日あるので、「山の日」は16番目の祝日になる。だから、2年後の2016年は「国民の祝日」が16日になる。祝日法が改正されれば、ここまでは当然の話だ。

で、ちょっと面白いことだが、来年2015年は珍しい年にあたる。それは祝日法の第3条3項の「その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。」という規定が適用されるのだ。

具体的には、この規定は憲法記念日(5月3日)とこどもの日(5月5日)に挟まれる5月4日を休日にして連休を作るため昭和60年に追加されたものである。その後、5月4日が祝日(みどりの日)となった後も条項自体は残されていた。

それが来年2015年に適用されるのだ。休日が一日多くなるのだ。きっと、カレンダー業界が混乱するだろうな。といっても実は2009年9月に一度この規定が適用されているそうだ。祝日法の祝日ではない休日として、前日の敬老の日と翌日の秋分の日に挟まれた日、2009年9月22日はその幸運の日となった^^

こんな風に考えていくと、山の日も8月11日などにせず、別の既存の祝日の2日ずれた日に設定すれば、もう一日休日が増えるかも...と調子のいいことを考えてしまう。

参考:国立天文台 国民の祝日と休日


同じカテゴリー(法律学習)の記事
 生物学上の父子関係 (2014-07-17 18:23)
 育ての父 (2014-06-12 09:41)
 和ネット VS 弁護士事務所 (2014-06-01 12:58)
 六法全書に「愛」はある (2013-03-18 10:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。