雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年05月24日

捨て猫と行政

朝日新聞 2014年5月20日07時51分によれば、「捨て猫、放したら違法?」 遺棄の疑いで愛知県職員らが送検されたという。

捨て猫を行政が引き取らないのは是か非か――。捨て猫を預からずに放して遺棄したとして、愛知県警は県動物保護管理センターの知多支所長らを動物愛護管理法違反の疑いで書類送検した。預かれば殺処分することになる県は、自活できる猫の場合、「遺棄」ではないと主張している。

県警などによると、昨秋、同県大府市の病院前で段ボールが置かれているのが見つかった。「お願いします」と書かれ、中には子猫1匹が入っていた。病院は東海署に持ち込み、同署会計課長が同センター知多支所に引き取りを頼んだが拒まれたため、近くの造成地に放したという。

 この対応を知ったボランティア団体が、会計課長を同法違反容疑で刑事告発。県警は4月24日、会計課長と、遺棄をそそのかしたとして支所長をそれぞれ書類送検した。

 団体代表は「県警は子猫の遺棄事件をちゃんと調べなかったうえ、さらに自ら遺棄したことが問題」と訴える。

 これに関し、愛知県の大村秀章知事は5月19日の会見で「自活可能な猫を放すことは遺棄とは考えない。職員に違法性はない」と主張。県は、自分で活動できる猫の引き取りを相談された際は放すよう伝えているという。


捨て猫の問題は悩ましいですね。動物愛護の声と野良猫による獣害を危惧する声。どちらもわかります。もちろん悪いのは捨てた飼い主ってことを忘れてはいない。

でも、なんだかこのニュースおかしいって感じがする。県動物保護管理センターが捨て猫を遺棄しないで引き取っていれば、結局、殺処分することになるのだろう。もっとも、かなり低い確率であろうが、誰かに引き取ってもらえる可能性もある。

それにしても、捨てられた猫にとっては、なにが一番幸せなのだろうか。一方、猫を捨てられた街の住民はどう思うだろう。やはり、だれも捨て猫を貰ってくれない限り、殺処分しかないのだろうか。

思うに、この問題の解決策は、犬の糞の問題と同様、糞を放置したやつ、つまり猫を捨てたやつを徹底的に割り出すのが一番良いのかもしれない。猫を捨てたやつをとっ捕まえて、猫の餌代を含めた費用を負担させたい。

参考:
動物の愛護及び管理に関する法律
(犬及び猫の引取り)
第三十五条  都道府県等(都道府県及び指定都市、地方自治法第二百五十二条の二十二第一項 の中核市(以下「中核市」という。)その他政令で定める市(特別区を含む。以下同じ。)をいう。以下同じ。)は、犬又は猫の引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない。
3  第一項本文及び前項の規定は、都道府県等が所有者の判明しない犬又は猫の引取りをその拾得者その他の者から求められた場合に準用する。

なお、この猫の場合は、「捨て猫」だと確定できますが、飼われていた猫が逃げ出した「迷い猫」の場合もあるでしょう。内田百閒先生の「ノラや」という本を読むと「あぁ昔からペットロスっていうのはあったんだなぁ」と思わせる。子母沢寛の愛猿記など動物を描いた物語は少なくない。でも、猫と言えば、アラン・ポーの「黒猫」でしょうかねぇ...


同じカテゴリー(公益)の記事画像
JR和歌山駅のだまし絵
慰安婦問題の虚偽報道
ちょっとやり過ぎかも
きみはタマちゃんを見たか
和歌山市内のウォークキングMAP
和歌山大学前駅
同じカテゴリー(公益)の記事
 大統領とオトコの話題 (2015-12-18 11:35)
 慰安婦は天皇からの贈り物 (2015-09-13 09:38)
 韓国外相を歓迎する (2015-06-18 09:45)
 JR和歌山駅のだまし絵 (2014-12-08 09:56)
 朝日新聞の権威 (2014-09-14 09:20)
 報道の責任の重さ (2014-09-13 07:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。