雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年06月27日

セクハラやじ

議場のから騒ぎ。今回の都議会の「セクハラやじ」について、そんな印象がする。

今月(6月)18日の都議会本会議で、塩村文夏(あやか)都議(35)=みんな=の一般質問中に、「早く結婚した方がいい」などのやじが飛び、直後、議場は笑いに包まれたという。

マスコミはこぞって、「不妊に悩む人はこれをどう聞いたか。不快であり品性のかけらもない。」などと批判をした。

塩村都議の女性への支援拡充を訴える質疑に「早く結婚した方がいい」はないだろう。それよりも、おそろしいと思ったのはそのやじの直後、議場が笑いに包まれたということ。

ちょっと考えられない異常さ。それで、疑問が起こってネットを調べてみたら、この女性、塩村文夏都議のキャラクターの奔放さ、非常識さがわかった。明石家さんまの「恋のから騒ぎ」での豊富な男性経験による不道徳な発言。さらに、週刊誌に掲載された衆議院議員との不倫疑惑。某週刊誌では相手方男性議員の実名が報じられているようだ。



確かに、今回のやじはひどいと思う。しかし、「早く結婚した方がいい」の直後、議場が笑いに包まれたのは、この女性議員の品格人格に起因するところもあったのではないだろうか。

我々はこれまで、男女を問わず様々な軽蔑すべき国会議員を見てきた。今回やじを飛ばした都議も、飛ばされた都議をも、わたしは尊敬することはできない。

報じられる情報だけでは真実はわからない。マスコミは上っ面だけの報道ではなく、その背景にあるもの、読者が容易に知ることができない情報を提供するべきだと思う。

それにしても、職場でもどこでも「早く結婚した方がいい」はセクハラ発言だとみんな知っている。近頃では、親御さんだって、「早く結婚した方がいい」なんて言わない。

資料:
嘘か本当かわからないけど
写真と記事「公費でホストクラブ」ほか、かなりの彼女の情報が飛び交っている。塩村都議は第二の小保方博士になりそう...


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。