雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年06月27日

女性蔑視発言

問題の都議会でのみんなの党・塩村文夏都議に対する野次を聴いてみた。



「早く」ではなく「みんなが」、すなわち「みんなが結婚したほうが良いんじゃないか」と聞こえた。この野次の何が問題だったのか。どうして笑い声が出てきたのだろうか。

これが言われるようにセクハラの野次であれば、笑うどころか、「うわ、誰かまずいことを言ったぞ」と議場がシーンとなるところだったろう。それが特段問題にならず笑い声が出たのは、「みんなの党」が「結の党」とよりを戻す、あるいは「自民党」と合流することを連想したからかもしれぬ。

仮にそうではなく、塩村都議への野次であったとしても、「みんなが(そろそろ)結婚したほうが良いんじゃないか(と思ってるぞ)」と言うぐらいしか意味のない野次だったのではないだろうか。もちろんそれはそれでセクハラ発言ではあるかもしれないが、謝罪すれば、済む程度の話であったはず。こんなに大騒ぎする話ではないと思う。

それがどうして、外国人記者クラブでの記者会見などと大げさなことになっていったのだろうか。これぐらいの野次で泣くほど悔しいとはどういうことだろうか。「女性蔑視発言」と大きく報道された(「から騒ぎ」をした)ところから塩村都議自身の過去の「男性蔑視発言」が話題になってきた。何だかすごく低レベルな論争になってきているように思う。

もしかするとおしかりを受けるかもしれないけど、女性蔑視発言というより塩村都議蔑視ヤジってところか、それとも塩村都議の被害妄想か、強い思い込みかも、って感じたりする。その根拠は、塩村文夏さんっていう方が何となく信頼できないこと。それは小保方さんと同じ感じ、いや、そんな臭いがする^^

蛇足:やじをした都議の事務所に生卵がぶつけられたらしいが、日本もどこかの国に徐々に似てきているように感じる。そろそろ情緒法でも策定すればどうだろうか。


同じカテゴリー(ブログ)の記事画像
日高町から台湾まで飛んだ蝶
可愛いペンギン
ふなっしーの優しさ
たい焼きを買って海に逃してあげてもいいですか
日本縦断3500キロ
リラックマ オムライス
同じカテゴリー(ブログ)の記事
 日高町から台湾まで飛んだ蝶 (2015-08-29 10:42)
 北朝鮮人の希望の光 (2015-08-21 14:41)
 可愛いペンギン (2015-05-22 09:35)
 ハンセイー (2015-05-13 10:58)
 宣伝が上手その2 (2015-04-18 18:27)
 宣伝が上手 (2015-04-15 10:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。