雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2015年06月27日

犬を食べる食文化

この文章は、ずっと前に書いたものだけど、今日読み返して書いたときと考え方がそれほど変わっていないと思ったので、公開することにした。書いたことが正しいか間違っているかはわからない。

東南アジア、特にベトナムと韓国、中国では犬の肉はポピュラーだそうだ。これを批判する人々も少なくない。対して、これを擁護する人は、これはその地方での文化であり、殺処分するよりも、その命を無駄にせず食べることこそ理性的ではないかという。

狭いケージにとり込められた犬が掴みだされ逆さに吊られて殴られ、生きたままで皮をはがされる姿に、多くの愛犬者は卒倒するかもしれない。

ある地方のおじいさんから聞いた話では、むかしは犬はもちろん鶴やトキだって食べたんだって。もちろん、ずっとむかしは、鶏を除き牛や豚を食べてはいけないという教えもあったらしいけど。

でも近代においては、犬を食べるというのはいけないこと、あるいは間違ったこととはされていないのだ。国や地方によっては、ワニやカエル、鹿やリスを食べる。鯨やトナカイ、アザラシも食べられている。

南米ペルーではモルモットがポピュラーだし、オーストラリアではカンガルーや熊、そしてアメリカ同様リスや鹿も食べられるという。フランスでは兎はレストランのメニューに欠かせないと言い、イタリアでは猫を食べる地方もあるそうだ。なんと中国ではサルの脳みそを食べる料理もあるそうな。

そういえば、横浜駅の西口にゲテモノの料理屋があった。蜂の子、亀(すっぽん)、蛇、カンガルーやワニ料理。一度の経験だけで二度目はなかった。つまり、わたしには合わなかった。美味しくなかったのだ。

でも、そういうお店が嫌いかと云うとそうではなかった。それも食の文化なんだと感じていた。たとえば、世界三大珍味のひとつ、フォアグラなんぞも食の文化だし、それを食べる人たちを批判などできない、だから、それと同様に犬を食べる文化も批判できないのじゃないだろうか、と思う。

新潟の古町通の料理屋さんは白魚の踊り食いをまだ出しているのだろうか。結局のところ、人間は他の命を食し生きているのだ。ただ、名前を付けた家畜を食べることは感情的にできないだけのことかもしれない。

日本の食文化も各地方で色々だろうが、いただきます、ごちそうさまでしたの心を忘れてはならないだろう。四季折々の、我が国の豊かな食文化を大切にしていきたいもんだ。でも、犬、赤犬は特に美味しいといわれるが、わたしは食べたくはないねぇ。


同じカテゴリー(料理)の記事
 ミキサーなしでバナナジュース (2014-07-05 08:45)
 駿河屋の公的責任 (2014-06-26 10:38)
 冷凍ロールキャベツの料理 (2013-11-21 19:24)
 豚バラと白菜の重ね鍋 (2013-11-21 09:49)
 フライパンで魚を旨く焼く方法 (2013-11-17 15:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。