雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年08月05日

慰安婦問題の虚偽報道

朝日新聞は、8月5日付朝刊1面と16~17面で慰安婦問題の特集を組み、例によってアサヒルっています。そのごく一部を引用しておきます。

朝日新聞は吉田氏について確認できただけで16回、記事にした。初掲載は82年9月2日の大阪本社版朝刊社会面。大阪市内での講演内容として「済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」と報じた。執筆した大阪社会部の記者(66)は「講演での話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった」と話す。

読者のみなさまへ、吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。


吉田氏:日本の植民地(?)だった朝鮮で戦争中、慰安婦にするため女性を暴力を使って無理やり連れ出したと著書や集会で証言した吉田清治氏のこと。

それにしても、吉田清治氏の話がでっち上げであることをなんで今ごろまでしかわからなかったんだ。とっくの昔に当の本人があれは作り話だと語っていたじゃないか。

確認できただけで16回も虚報を流した結果についてはどのように考えているのだろうか。その責めをどう取ろうとしているのか。

朝日が曲がりなりにも新聞会社であれば、社会の公器としての責任をとり、その過ちを正すべきではないか。与太話をさも事実のように取り上げ、それも、確認できただけで16回も繰り返している。この虚報を信じた者に対して、少なくとも16回は、「(韓国)済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」と報じたのは虚でした、事実無根でしたと報道してほしい。

また、16回もの虚報を流した期間は何年間で、その影響の大きさはどうだったのか。いずれにしても、もはや、朝日は信用できるメディアではないと言わざるを得ないと感じる。

ただ、遅きに失したが、曲がりなりにも慰安婦問題の特集を組み、一部非を認めたことは評価したい。時間はかかるだろうが信頼の回復を望む。

そのためには、再度、あるいはそれ以上、この問題についての虚報、誤報等についての検証を続けていただきたい。続報を期待する。


出典:「慰安婦問題どう伝えたか 読者の疑問に答えます」と題した8月5日付け朝日新聞紙面

蛇足:
先だって、大阪府警の統計不正8万件をスクープしたのは確か大阪朝日だったよね。凄腕の好い記者がいるのに、なんで彼らを登用しないのだろうか。朝日は戦前と云い戦後と云い、経営陣・編集トップが良くないように感じる。


同じカテゴリー(公益)の記事画像
JR和歌山駅のだまし絵
ちょっとやり過ぎかも
きみはタマちゃんを見たか
和歌山市内のウォークキングMAP
和歌山大学前駅
読売新聞の上野綾香記者
同じカテゴリー(公益)の記事
 大統領とオトコの話題 (2015-12-18 11:35)
 慰安婦は天皇からの贈り物 (2015-09-13 09:38)
 韓国外相を歓迎する (2015-06-18 09:45)
 JR和歌山駅のだまし絵 (2014-12-08 09:56)
 朝日新聞の権威 (2014-09-14 09:20)
 報道の責任の重さ (2014-09-13 07:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。