雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年08月22日

徹底した綱紀粛正を

昨日、和歌山県は4件の懲戒処分を公表した。懲戒免職は無く、停職6ヵ月が最も重い処分であった。後の3件は減給、戒告と訓告処分であった。

停職6ヵ月の懲戒処分を受けたのは、県施設調整課の44歳の主任の男性職員です。主任は今月9日午前2時ごろ、紀の川市の国道で酒を飲んで乗用車を運転し、岩出警察署に酒気帯び運転の疑いで検挙されました。和歌山市内の飲食店で生ビールを4杯から5杯飲んだあと、紀北地域の自宅に帰る途中でした。

県海草振興局建設部海南工事事務所の54歳の主査の男性職員が、減給10分の1、1ヵ月の懲戒処分を受けました。海南市内の国道424号の拡幅工事に際し、事業用地の買収などを担当していたこの男性職員は、一昨年4月上旬、移転補償の対象となっていた物件の移転に関する契約書や物件の大きさなどを示した物件調書を作成しましたが、決済を受けずに、勝手に知事印や海草振興局建設部長印を押印して物件の所有者に交付していたということです。また、管理監督責任があったとして、いずれも59歳の当時の海南工事事務所長と海南工事事務所次長が訓告の処分を受けました。

県企業振興課の41歳の主査の男性職員が戒告の懲戒処分を受けました。この男性職員は、去年3月、和歌山市内のスナックで4人で飲食した際の費用およそ3万5000円を企業振興課と関わりのあるいわゆる利害関係者に支払わせて供応接待を受けていたということです。

県消防学校で同期生の消防士にアイロンを押し当てけがをさせたとして消防士が逮捕され、懲戒免職処分となったほか、8人が処分されたことを受けて、昨日付けで、59歳の消防学校長の男性が訓告の処分を受けています。


これらの不祥事に対して、あるサイトで「酒気帯はもちろん違法ですけど、県をよくするためには、重箱の隅を突付くような不祥事の話題よりも、もっと大切な問題があるのではないですか?」という書き込みがあった。

先ず隗より始めよ、という故事ことわざがある。遠大な事業や計画を始めるときには、まずは手近なところから着手するのがいいというたとえ。また、物事は言い出した者から始めよというたとえ。

失敗学という学問を提唱した大学教授は、ひとつの不祥事が発生するには多くの隠された問題が起こっているということを指摘している。さらに、割れ窓理論というものがある。いわば、腐ったミカンがひとつ箱の中にあれば他のミカンも腐りやすいという事実?

かって、内務卿が大久保利通であったとき、省内には私語一つなく、職員は厳粛な勤務ぶりであったと聞く。

公務員の徹底した綱紀粛清。もう一度、公務員とは何か、そのあり方は、ということを議論するべきだろう。業者と打ち合わせの途中に雨が降り出した。このようなとき、業者から傘をお使いくださいと言われたが便宜供与を受けたことになるのではないか。お茶は飲んでもよいがコーヒーはどうだ、いやお茶さえ出されても飲んではいけない。

自分の息子が建設会社に勤めており、わたしの職務は公共事業の現場監督だが、息子と酒を酌み交わすことは問題でしょうか。どちらかが転職するべきなんでしょうか。

このような極端なことを相談するほど、公務員の綱紀が問われたことがあった。我が国においては、大岡越前、遠山金四郎などに見られるごとく、倫理的ヒーローはたいてい役人だった。江戸末期、異人たちが言ったという。日本の役人は、支那(中国)とは異なり、賄賂を受け取らない。そのようなことを言われることさえ、己の恥だと感じているようだ。彼らは皆、清廉であり公平を重んじている、と。

再度、書きます、国家、地方を問わず公務員の徹底した綱紀の粛正を求めます。特に、和歌山県と和歌山市に。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。