雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年11月13日

簡易型電力量表示器の無料貸出し

和歌山市は「地球温暖化防止に向けた市民の皆さんの取組を促進するため、エコワット(簡易型電力量表示器)の無料貸出し」を随時行っている。

ただし、貸出期間は最長3か月、申込方法は住所・氏名・電話番号・市外の方は勤務先を記入のうえ、はがき・FAX・メールで、環境政策課まで申し込みが必要。器具の貸出しは手渡しとのこと。

 無料貸出しの機器

詳しくは和歌山市のサイトをご覧になっていただきたい。

この施策は良いことだと思う。本来なら電力節約を常時呼び掛けている、公益事業体の電力会社がするべきかなと思ったりするが、自治体が行っても何ら問題ではない。

うがった言い方(本質を言い当てた言い方)をすれば、これも経産省の指示か、他の自治体がやっていることを真似た施策で、市のオリジナルの事業じゃないかも?

それでも繰り返して書くが良い施策である。問題は、「器具の貸出しは手渡し」だ。たとえば、この機器を(手渡しで)借りるため、バス代最低料金、片道220円で計算すると、借りるため、返すため、合計2往復、880円が必要となる。さらに申し込みにハガキを利用すると、プラス52円がかかる。

一方、アマゾンなどでこの機器の価格を調べると、安いところで900円。こういうふうに見ていくと、せっかくの良策も「???」となる。

どうせなら、市は、公民館や連絡事務所などで借りられるようにするか、手渡しではなく、市の送料負担での貸し出しをすることが好ましいように思った。まぁそれでも、市職員や市役所近辺の方々の利用があるだろうし、再三繰り返すが良い施策だと思う。

 送料込み900円の機器

蛇足:
セコイことを書きましてすいません。でも、いろんな見方があるってことを市行政担当者に知ってもらいたいのです。考えてもらいたいのです。たとえば、市が、県でもいいですが、電力量表示器の無料貸出し以外にパソコン、タブレット、公用自動車、消防車、現金、住宅、土地等々の無料貸出しをすることは可能なのか。はたして、公共図書館は単に書籍の無料貸出し機関にすぎないのか。

かって、千葉県かどこかの市町村が「すぐやる課」というのを設置して話題になったことがあります。また、「国家に対して何を望むかよりも、自分が国家に何を奉仕できるかを考えるべきである」という著名な政治家の言葉もあります。思想や教育の発達、経済状況、住民のニーズの変化などによって、行政の政策も変化していきます。変化していかなければ、生き残ることはできません。

参考:
神奈川県鎌倉市:浜辺での飲酒や音楽を禁止へ
鹿児島県伊佐市:市内にある県立高校から難関大学に進学した生徒に対し最高100万円の奨励金を支給
ある調査によれば、普段から電力節約を意識している人は、「とても」と「まぁ」意識しているを合わせると7割を超えるという。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。