雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年11月15日

和歌山県知事選 2014

一昨日、告示された和歌山県知事選挙の立候補者は、現職の仁坂吉伸知事(64)と共産推薦の新人、畑中正好氏(62)の両名であった。

投票日は、11月30日(日)、現職は、自民、民主、公明、社民推薦の四党相乗りで、すでに当選(三選)確実の状況である。

県政の争点は、毎回どおり、人口減少、少子高齢化が進むなかでの産業振興と地域活性化、近い将来に発生が予想される大規模地震への対策だ。

ここ数年の知事選は、概ね次のような経緯である。


2006年12月17日、汚職で逮捕、起訴された前知事の辞職に伴う出直し選挙で、仁坂吉伸氏(56)(無=自民・公明推薦)が泉敏孝氏(69)(無=共産推薦)を破り、初当選した。

民主党が独自候補を擁立できなかったために、投票率は35・21%と同県知事選で過去最低だった。


2010年11月28日、現職の仁坂吉伸氏=自民推薦、公明県本部支持=が約26万票を獲得して再選された。得票率は約72%。県内30自治体すべてで、対立する2人の候補をぶっちぎる圧勝だった。 投票率は43.37%。

対立候補者は以下の二名であった。
無所属新人で前県議前民主党県連幹事長の藤本真利子氏(56)=民主、国民新推薦=
JR西日本シニア社員の洞佳和氏(62)=共産推薦=

和歌山市長選と言い、どうして真っ当な対抗馬が出てこないのだろうか。このような選択肢しかない選挙戦では投票率が低くなるのは眼に見えていると思うのだけど...

今回の知事選、投票率が歴代最低の35・21%を下回らなければいいのだけど...

参考:前回選挙

当選259,200票にさか 吉伸60無所属和歌山県知事
 76,051票ふじ本 まり子56無所属元県議会議員
 24,467票ほら よしかず62無所属JR西日本シニア社員



同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。