雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2014年12月28日

国民健康保険の納期限が過ぎていた

和歌山市の国民健康保険。平成26年度第7期の納期限は平成26年12月25日だった。第7期を除いて第1期から第10期までの納期限が月末か翌月の初日(営業日)だったので、12月31日までにコンビニ(平成22年4月から)で支払えば良いと思い込んでいた。

第7期の納期限が25日だと知ったのは、26日の18時過ぎだった。期限が過ぎた場合、コンビニでの支払いができるのか。ネットで調べてみると、東京都内(区役所によって)では可能とあり、一部の自治体では、納期限後14日以内はコンビニ取扱期限としてコンビニで支払うことができるとのことだった。

では和歌山市の場合はどうか。納付書の裏に納付金額が30万円を超えているもの、納期限の過ぎているものにつきましては、コンビニエンスストアで納めることができないと書かれている。

念のため、和歌山市のホームページで確かめてみた。「市税等のコンビニ収納について」では、「次のような納付書はコンビニでは納めることができません」として「取扱期限を過ぎた納付書」とある。

同じく、「国保年金課からのお知らせ」でも「バーコードが印字されている取扱期限内の納付書」はコンビニでも納付できますと書かれている。

うーん? 納期限イコール取扱期限? 納期限プラス14日イコール取扱期限?
ちょっと迷ったが、コンビニに持っていってダメって言われるのも恥ずかしいし、店員さんが誤って受け取って後で問題になるのもいやだ。

そこで、納期限が過ぎた場合の延滞金について調べてみた。すると、延滞金の対象となる保険料が2,000円未満の場合や延滞金が1,000円未満の場合は、延滞金は徴収されない(正確には切り捨てる=ゼロ円)とあった。

市報わかやまに基づき、延滞金を計算してみると、平成26年は延滞金利率2.9%(最初の3カ月)から9.2%で、仮に明日29日に収めると、保険料3万円×4日/365日×2.9%=9円53銭。延滞金が9円53銭だからもちろん1,000円未満だ。延滞金は徴収されないので、保険料だけ支払えば良いことになる。

ただし、納期限(=取扱期限)が過ぎてしまった納付書では、銀行等の金融機関や市役所窓口を除きコンビニでは取り扱ってくれない(多分)?

市役所に電話して、納付書を再発行してもらえばコンビニで支払うことができるかもしれないが、やっぱり最寄りの金融機関で納付することになるのかも?

国民年金保険料のように前納割引でもあれば、前納も良いけど、国民健康保険料にはそんな制度は無いようだし、自動引き落としにすることがベストかな。まぁ明日、紀陽銀行にでも行こうか。

因みに、和歌山市の国民健康保険料にかかる不納欠損額は、平成19年度では 9億 4,497万 8千円であったそうだ。 ← 平成 19年度 和歌山市各会計歳入歳出決算審査意見書(公営企業会計を除く)58ページ


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。