雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2015年02月18日

自民党の二階総務会長の訪韓

今年(2015年)2月12日から2月15日、自民党の二階俊博総務会長が1,400人を率いて訪韓した。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談し意見交換(意見拝聴と言う人もいる)をした。

朴氏:(慰安婦問題について)残された関係者が生きている間に解決したい。問題解決に最善を尽くすことが関係改善の第一歩だ。元慰安婦の名誉回復を図る納得できる措置が早期に取られなければならない。

二階氏:(朴氏の発言は)全くその通りだ。日本にも言い分はあるが、理屈を並べるだけで解決しないのはおかしい。真摯に向き合わないといけない。

慰安婦問題とはいったい何なのか。何故問題となったのか。解決策とは何なのか。そもそも日韓基本条約とは何だったのか。

ここでは、1965年(昭和40年)6月22日に日本と大韓民国との間で結ばれた、日韓基本条約についてだけ記しておこう。

この条約は、日本の韓国に対する莫大な経済協力、韓国の日本に対する一切の請求権の解決、それらに基づく関係正常化などを取り決めた。なお竹島(韓国名独島)問題は紛争処理事項として棚上げされた。

第3条では日本は韓国が朝鮮にある唯一の合法政府であることを確認し、国交を正常化した。また日本の援助に加えて、両国間の財産、請求権一切の完全かつ最終的な解決が確認された。

法律(国際法)的には以上のとおりである。しかし、我が国は日韓友好などの政治的配慮から財団法人女性のためのアジア平和国民基金を設立し、いわゆる償い事業を実施した。

このうえ、いったい何をせよというのか。「元慰安婦の名誉回復を図る納得できる措置」とは、国家が、軍が彼女たちを強制連行したことをあれこれ言わずに認めよ、ということか。元慰安婦たちは、各地に銅像さえ建てられ、名誉回復どころか国家的英雄になっているではないか。

元慰安婦の名誉回復を図る納得できる措置とはいったい何なのか。この問題を朴大統領が繰り返すごとに、政治の犠牲になっている元慰安婦たちを哀れに思う。

中国、韓国、北、この3カ国は我が国の隣国である。信頼関係を築き友好的な交際をするべきだとは思う。しかし、それにも拘らず、相手国が無茶苦茶なことを言いだしたなら、少し(心理的な)距離を置くのも止むを得ないのではないだろうか。

ところで、今回の2015年2月12日から2月15日、1,400人での訪韓者のうち自腹で旅費を支払った者はどれぐらいいるだろうか。自民党の二階俊博総務会長はもちろん党費だろう。知事、市長、自治体職員は公費、その他は会社や所属団体からの持ち出しであろう。

こんなことに県民税や市民税は使ってほしくない。今回、知事、市長、自治体職員が自腹で韓国を訪問しているなら、彼らの日韓友好の真剣さを認めるよ。


参考:これまでの中韓(この両国以外はあまり聞かない)への大訪問団

●2009年12月10日から12月13日までの4日間の日程で中華人民共和国を訪問した訪中団
民主党議員143名(小沢一郎幹事長)と一般参加者など483名で構成。日本の国会議員が胡主席の前に列をなして1人につき1秒足らずで次々と写真撮影を行った。

●2000年5月20日、日中文化観光交流2000で日本各界5,000人余りの日中文化観光交流使節団(二階運輸大臣)が訪中、江沢民主席等と面会。


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性
今日のグーグルはグー
13億の大国のネットユーザー
ビハインド・ザ・コーヴ
バセットの涙
お正月の天気
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「この世界の片隅に」 観たいなぁ (2017-03-29 19:30)
 政治とスポーツ (2016-08-12 08:52)
 5月の祝日 (2016-04-30 12:17)
 雨の中の桜花 (2016-04-04 09:49)
 卒業式の歌 (2016-03-27 10:04)
 Googleの国際女性デー (2016-03-08 09:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。