雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2015年05月19日

残り半年で橋下市長ができること

レームダックという言葉がある。選挙後まだ任期の残っている落選議員や首長を揶揄的に指すのに用いられるという。嫌な言葉だ。都構想住民投票に敗れた橋下市長の任期は12月18日。

こんな言葉もある。水に落ちた犬は打て、中国を代表する作家魯迅の言葉。凶暴な犬が溝に落ちたら、弱っているうちにさらに追い討ちをかけるべきだという意味らしい。住民投票後の翌日(昨日の朝)、アンチ橋下の市民団体が市役所前で即辞職をアッピールしたという。

おそらく、橋下市長は住民投票結果後、即辞職したかったろう。しかし、年内に、それも半年の間に2度も大阪市長選を行うことは税金の無駄遣いとの批判を免れないだろう。

では、この残された半年で何ができるだろうか。市営地下鉄、市営バスの民営化等の与野党がすでに一致している政策をまとめ、大阪再生のため府市の無駄を切り落とすための合意形成を進めるべきだと思う。

それにすぐにも、次期府知事や市長のことが話題になってくるだろう。強烈な個性の橋下氏の後はやりにくかろう。橋下氏の後継は、リーダー型か調整型か、はたまたカリスマ型か実務型か。若手かベテランか。もちろん選ぶのは大阪市民。しかし、候補者を市民に提示するのは政党の役目だ。

今般の住民投票は、維新の会にとっては一昨年の10月の堺市長選と同様に攻めの選挙ではなく守りの選挙になってしまった。攻めには強い橋下市長だが、守る立場に立つと必ずしも強いとは言えない。

でも、喧嘩上手な橋下市長のことだ。総崩れにはなるまい。金ヶ崎の退き口、ダンケルクの戦い、キスカ島撤退作戦のごとき戦いが期待できる。そしていつか近い将来、あなたが創立した大阪維新の会(維新の党 大阪府総支部)の残存勢力が、自民党に代わりうる新たな政権運営可能な政党の再編の核になれば、と思う。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。