雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2016年03月27日

卒業式の歌

先週の22日、防衛大学校の卒業式があったそうな。58期472人(女性45人)が卒業した。4年間の苦楽を共にした仲間と離れ任務地と旅立つ。しかし、任官を辞退するものが今年は昨年の2倍(25人→47人プラスアルファとの情報がある)になったという。

防衛大学校の卒業式は、一斉の帽子投げ、そして駆け足での退場が恒例で、この式典をカッコイイと思う若者が少なくない。

でも、任官を辞退する者はこれに参加することができないらしい。少し切ない気がする。

我が国では3月に多くの学校で卒業式を迎える。むかしはこの式典で歌われるのは、小学校では「蛍の光」、中・高では「仰げば尊し」が通例だったと思う。

いまでは、様々な歌が歌われているようだ。個性があって、みんなで思い出に残るような歌を歌えるって良いなぁ、と思う。

わたしは、この時期何故か、記念樹の歌詞が浮かんでくる。それと、次郎物語の主題歌。

ik_06 次郎、次郎見てごらん、松の木が岩をくだいて生きている...
卒業おめでとう。これからの日本を背負っていく若者に幸あれと祈りたい。



参照:
定番の卒業ソング・卒業式で歌う合唱曲
http://www.chorus-song.com/graduate/

蛇足:卒業式の歌って人生の応援ソングの一面もあるのだなぁ。書き忘れました、防大では国歌と学校歌が歌われているようです。



同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性
今日のグーグルはグー
13億の大国のネットユーザー
ビハインド・ザ・コーヴ
バセットの涙
お正月の天気
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「この世界の片隅に」 観たいなぁ (2017-03-29 19:30)
 政治とスポーツ (2016-08-12 08:52)
 5月の祝日 (2016-04-30 12:17)
 雨の中の桜花 (2016-04-04 09:49)
 Googleの国際女性デー (2016-03-08 09:21)
 お世話になった方に (2015-12-27 12:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。