雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2016年04月30日

5月の祝日

今年の連休は、長い人では4月の29日から5月8日までの10日間になります。多くの方は、5月2日と6日はお仕事でしょうか。

ところで、祝日法では次のように規定されています・

昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日 5月3日 日本国憲法 の施行を記念し、国の成長を期する。

みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。


こどもの日は、母に感謝する日でもあるって知りませんでした。今年は、5月8日が5月の第2日曜日にあたり「母の日」になっています。日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日として、日本やアメリカでは祝っています。

もうずいぶんと前に観たテレビドラマですが、吉行淳之介さんの妹さんが、どうしようもないふしだらな母親役を演じていました。この母親は刑務所を出たり入ったりし、息子の会社へ来てはお金をせびったりします。

そんな日々のなか、とうとう息子は母親に「二度と会いたくない」と絶縁を言いわたし、勤務する会社を変え、引越しをして母親から遠ざかります。彼は結婚し子どもが生まれても母親にはもちろん知らせたりはしませんでした。

やがて時は流れ、ある年の母の日に小荷物が届きます。差出先は刑務所となっています。包みを開けると、母が亡くなったことを知らせる手紙とともに、母が使っていた粗末な身の回り品でした。そのなかにボロボロになった「感謝状」という題の作文がありました。

お母さんは、いつもコンビニで食べものを買ってきます。
でも、きのうカレーを作ってくれました。あまりおいしくなったけど、とってもうれしかったです。
お母さんはぼくのために、いっしょけんめいにはたらいてくれています。
お母さん、ありがとう。


これだけのお話ですが、ふと何故、刑務所から息子のところに小包が送られてきたのか、と考えました。母親は息子の住所を知っていたんじゃないだろうか。息子が結婚したこと、孫ができたことも知っていたんじゃないだろうか。どこかから可愛い孫が遊ぶのを見ていたんじゃないだろうか。

どうして、子どもがひとり立ちしてからこの母親は身を持ち崩したのか、今ではドラマのタイトル同様に記憶が無い。この世の中にはいろんな母子関係があるだろう。母に感謝したくとも、念仏しかあげられない子どもたちも多いことだろう。

日本の小説や物語は、「安寿と厨子王」や「楢山節考」もそうだけど、母と子、家族の情を題材にしているものが多いように思える。この連休、皆さま方は子どものため、家族のため、良い思い出をいっぱい作ってあげてくださいな。


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性
今日のグーグルはグー
13億の大国のネットユーザー
ビハインド・ザ・コーヴ
バセットの涙
お正月の天気
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「この世界の片隅に」 観たいなぁ (2017-03-29 19:30)
 政治とスポーツ (2016-08-12 08:52)
 雨の中の桜花 (2016-04-04 09:49)
 卒業式の歌 (2016-03-27 10:04)
 Googleの国際女性デー (2016-03-08 09:21)
 お世話になった方に (2015-12-27 12:19)

この記事へのコメント
ダルクの関係者では 息子が刑務所に入り、母親は心配し あるいは息子が
出所する前に母親が亡くなるという例が あります。出所してから遺品の整理をして、相続手続きするのは ナンギです。母親が服役中に優しい刑務官は いけない事と知りながら 息子についての事を曖昧に知らせてくれるかも知れないです。母親が服役中に亡くなった場合、相続人に遺品は送られると思います。家へ送る荷物を「宅さげ」と言うてるようです。
Posted by 伝兵衛伝兵衛 at 2016年09月11日 09:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。