雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2010年03月19日

万葉わかやま フォト短歌コンテスト

和歌山市が主催する万葉わかやま フォト短歌コンテストが3月5日(投稿期間:平成21年7月15日〜平成22年3月5日)で、締め切られた。今、結果発表までの間、選者による選定のほかWEB閲覧者による投票も受け付けている。

このコンテストの要する費用は、単年事業で260万円となっている。先に、市は「和歌山市-観光文化誘客事業-開催委託業務に係る公募型プロポーザルの実施について」で、「(4) 委託金額(消費税及び地方消費税を含む。)予算額 2,600千円 」を発注している。ただ、どこの業者さんが落札したのかをネットで探すことはできなかった。このコンテストをできるだけ多くの方に知ってもらい、たくさんの応募を確実にするということは大変なことだったと思う。社員やその家族などはもちろん多くの方に声をかけたことでしょう。

上記の公式ネットには、和歌山市の美しいフォトと短歌が掲載されている。はっきり言って賞品はたいしたことは無い。金賞で、1人(1部門につき)和歌山市内ホテル・旅館のペア宿泊券(1泊2食付)+和歌山市の名産土産品(5,000円程度)である。しかし、このようなコンテストは観光都市として全国に知ってもらうためには非常に効果的なイベントであると思う。和歌山市役所はよくやっていると思う。



花舞台
夜桜を見に行ったとき、ぼんやりとした明かりに照らされた桜が、お芝居の舞台のように見えました。40代 会社員 女性 引用:https://manyou-wakayama.jp/vote/photo2/id/256






参考事例:静岡県島田市のコンテスト
参考サイト。家族や恋人への愛情を込めた悪口を50字以内で表現する「第6回愛するあなたへの悪口コンテスト」の入賞作品が2月5日決まった。

★大賞
ついに鏡うつりが悪いと言い出した
(新潟市西区 橋立英樹さん 42歳)
愛する女房は「わたしは写真写りが悪い」とか何とか言っていたが、とうとう「鏡うつりが悪い」と言いだした^^

審査委員長で作家の村松友視さんは「自分の見た目を、最初は写真うつり、服のせいにしていたが、最終的に『鏡うつり』という言葉を編み出してしまった。この執念とご主人の観察力があったからこの作品が生まれた」とコメントしています^^

財政事業が厳しい和歌山市は何かと大変でしょうが、上記のコンテストが今回一回だけで終わるということではなく、できるだけお金をかけず工夫しながら続けられることを切に期待したいものです。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。