雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2010年09月22日

嫌われ市役所

2010年07月29日エントリーの「和歌山市役所の刷新」に嫌われ市役所の職員君Aさんから下記のコメントがありました。

こんにちは。私は、そのご批判の和歌山市職員です。ちなみに、民間企業での経験もあり、肉体労働も経験しているため、役所の仕事を知らない人の公務員バッシングも、役人はエアコン効いた所で楽して税金で飯食いやがって、などというえせしみなども十二分に知っています。ですが、公務員は、民間人が思っているような楽な世界ではないですよ。いま、国家公務員、地方公務員を問わず精神疾患になる職員が非常に多いです。非常勤職員に所属部署の知識が無かったとか。当たり前です、当局の人員削減で正規職員を減らして半年更新のアルバイトを安い時給で使ってるんですから。でもそれは市民、国民が望んでいることですよ。言ったことはないですか?「公務員は多すぎるんじゃ」「公務員はもっと減らせ」とか。みんな身に覚えあるでしょう。ご指摘の水害では、私も職員としてえいらいお叱りを受けましたが、みんな、まるで市役所が雨をふらせたかのような言い草。おまけに、ポンプ所の職員が夜に居眠りをしていて排水ポンプをかけ忘れて水害が起こったと、あること無い事、いやいや無い事無い事の噂まで広がって。行政に無茶を言う市民ばかり相手にしていると、公僕なんて言葉、ばかばかしくなります。ある市営住宅でのこと。部屋に虫がおるから今すぐ見に来いって、市民はえらいお怒り。片道40分以上かけて机の仕事ほって駆け付けると虫なんていない。天井裏まで見たがやはり虫なんていない。気になるようならバルサンでも炊いて下さいとアドバイスして引きあげてきたが、帰る時、「すみません」の一言もない市民。まるで子供を相手にしているようです。自分の意見が通らなければ、議員連れて怒鳴り込みに行くと電話ですごむ市民。まあ、これが市役所の現状です。それでもマスコミは公務員は不要なものの代名詞のようにおっしゃる。市民様は市役所職員堕落論を振り回す。もうすこし大人になってほしいですよね、日本人。和歌山人。余談ですが、研修で人が育つと考えるのは安直だと思いますし、行政は「サービス」ではなく、あなた方、住民自治の「協働者」です。ちなみに、くどいようですが私は民間企業で働いていました。世の中、民間であれ「公務員」であれ「楽な仕事などない」と常に思っています。

Posted by 嫌われ市役所の職員君A at 2010年09月22日 00:10

嫌われ市役所の職員君Aさん、長文のコメントありがとうございます。

いろいろな事情があり、無理難題にも遭われることは官民学を問わずあると思います。また、市の職員の中には真剣に住民のことを考えておられる、いわゆる護民官とでも言うべき人がおられることも理解しています。一方で、これはと思う人もいます。

どうかあなたのその経験と能力を生かし、和歌山市をいっそう良くするための更なる努力を期待しています。

あなたは、市営駐車場の雨水防災扉の閉め忘れ(遅れ?)による被害車両への賠償についての関係者のようですが、わたしはこれについて詳しくありません。あなたが誰に何故しかられたのか、事実はどうだったのかなど教えていただければ幸いです。

以上のように答えておきました。

「研修で人が育つと考えるのは安直だと思います」、「公務員は多すぎるんじゃ」という声への反論、それから市民からの無理難題等々。率直な意見だと思います。

過日の市消防局職員の不祥事に対して、市幹部は研修を徹底したいと言っていました。わたしも確かに研修だけでは効果はないと思っています。

市長は、市職員数を3,000人体制にと公約しています。でも、それには非常勤職員を含んでいるのか、またその削減された分の仕事を外注委託するのかどうかなどよくわかりません。職員数が減れば、仕事がきつくなるのは当然ですが、非常勤職員を増やし、外部委託すればそうでもないでしよう。もっと、市は情報を公開し、嫌われ市役所の職員君Aさんのような声を聞きたいものです。

それにしても何故、「嫌われ市役所」なんだろう。そんなに嫌っていないのだけど...

p.s
「非常勤職員に所属部署の知識が無かったとか。当たり前です、当局の人員削減で正規職員を減らして半年更新のアルバイトを安い時給で使ってるんですから。」

ウーン、このご意見には疑問???です。とりあえず、そういう実態であるのでしょうが、でもそれで良いのでしょうかと申し上げておきます。



同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

この記事へのコメント
昨日に引き続き、嫌われ市役所の職員君Aです。まあこんな文句ばっかり言ってても仕方がないから、これで終わりにしときます。長文やけども我慢して読んでよ。
まず、市営駐車場浸水事件の関係者では?とのご質問ですが、違います。あの集中豪雨では、市内の各所で、床上床下浸水があったため、その対応に、役所の電話対応や業者の手配、また地元で走り回っていました。
公僕とか、護民官とかいう言葉がちらほら出てきますが、私は違和感を持ちました。以前、わかちか広場のミニ図書館などをあげて、本来、役所がするべきだとおっしゃっていましたが、私は逆に、市民が自発的に行なって良いし、またそうあるべきだと考えます。良いと思う提案、アイデアがあれば、一市民でもNPOでも、どんどん「行動」するべきです。そして、「私たちはこんなことをしています。あるいは、しようとしています。行政側からはこんな支援、応援が欲しいです。」と言うべきだ。そこで役所が木で鼻をくくったような回答をした場合、その時に初めて「市はどうなってるんや。」と行政批判をするとよい。何もせず、ただただ受け身で文句ばかり言うの人は和歌山人に多いが、それはおかしいし、時代遅れだと思います。だから、私は、公務員を「公僕」とか「護民官」とか言うのはいかがなものかと考えます。同じお説教をするなら、なぜ「公務員はまちづくりや市民生活の「協働者」であれ。」とおっしゃらないのか?
正規職員を減らしアルバイトを安く使って、専門知識がなくて、それでよいのかとのことですが(アルバイトでも優秀な人はいますが)、本来まじめに考えると、よいはずはありません。さらに、和歌山では実家から通う人がほとんどだが、都会で一人暮らしの人は、官製ワーキングプアとなってしまうのです。でも、それは世の流れです。この国の為政者が(財界と合作で)作った流れですよね、安上がりな行政って。安上がりな高齢者医療。安上がりな生活支援。みんな国民が投票で選んだ方々が作ったものですよ。ちなみに、(公務員が言うと反発を受けるが)日本は、先進国の中で、公務員も議員も、少ない(人口比で)国だということだけ付け加えておきます。
市民によるバッシングとお説教の的である公務員になって気付いたのは、
まず一つ目。マスコミや世間で言われていることは、ほんの市民、国民向けの方便、表面上のタテマエにすぎないということです。
二つ目。和歌山が衰退したのは、和歌山人の努力不足というよりむしろ、国策の誤り(新自由主義)のあおりをもろに受けたためだということ。だって例えば、和歌山の商業衰退とは逆に、りんくうイオンなんて、和歌山ナンバーの車ばかりでしょ。
三つ目。和歌山の浮上策は、おそらく、時代の流れに決して乗らず、いかに時代に逆らって弱肉強食の誤った潮流から、賢明に地元和歌山を守りぬくか、ということだと、えらそうなことを言うようですが、個人的にはそう思います。だから、安易に流行(和歌山ならカジノ建設とか)に飛びつくお偉い方を、嫌われ市役所の職員君としては、信用してません。和歌山が大事ですから。
んじゃね。もうこんな時間やしょ。ほな寝るわ。おやすみやで。zzz...
Posted by 嫌われ at 2010年09月22日 22:47
嫌われ市役所の職員君Aさん、長文、お疲れ様でした。
別にわたしは市役所を嫌っていません。誤解をなさらないように。
ゆっくりお休みください。
Posted by ecellecell at 2010年09月22日 23:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。