雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2010年09月26日

国辱

尖閣諸島沖で、中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件。この事件は、9月7日尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突し逃走したとして、中国漁船の船長、せん其雄容疑者が公務執行妨害の疑いで逮捕・送検されたものです。

同24日、起訴すると思われていた検察庁は逮捕・送検していた中国漁船の船長を突如釈放すると発表しました。日中関係を考慮したものであるとの見解です。

尖閣諸島は、明白にわが国固有の領土であると言えます。わが国の主権が及ぶところであります。したがって、わが国領域内で犯罪を犯したものを刑法等国内法に基づき罰するのは当然のことです。

 田中邦貴氏のHPより

一方、中国はこの事件のわが国の適切な対応に対して、矢継ぎ早やにさまざまな報復措置をとってきました。深夜の駐日大使の呼びつけ、レアアース等の輸出禁止、その他の経済圧力、邦人4人の逮捕など。わが国が強行に対応すれば、駐日大使等外交官の強制退去、邦人4人の処刑、一時的な国交停止、両国の軍派遣、国交断絶等々の最悪のシナリオも考えられる問題でした。やむを得ず、中国政府の国内向けの顔を立てるための日本政府の今回の措置は、国民の多くは憤りを持ちつつも理解しようとしているところだと思います。

暴力団国家・北朝鮮を支持し南シナ海から太平洋を我が物のように闊歩する独裁制国家・中国は、軍事費の増大のなか、戦略空母の建造を企図しています。当面、アジアの緊張緩和は考えられない状況にあります。近い将来、北朝鮮政府の内部崩壊する可能性も含めた非常事態を想定しなければなりません。そのため、一層わが国は、日米安保同盟の充実とともに危機管理体制を強化していかねばなりません。

しかし、今回の事件が中国の本質を多くの日本国民に知らしめたことは幸いなことです。かの国の本質は、天安門事件のときと変わっていません。偉大な中国国民は尊敬に値する民族です。でも、中国政府は果たしてそれに値しているでしょうか。世界から尊敬、信頼される国家でしょうか。北朝鮮、ミャンマー同様世界の恥さらしです。

2010年9月24日をわたしの対中国政府国恥記念日にします。
もし、和歌山出身の名外交官陸奥宗光氏が生きておられたならば、どのように思われることでしょうか。

尖閣諸島領有権問題

P.S 中国漁船はスパイ船(漁民が政府関係者)ではないかという説もありますが、それは違うと否定します。また、保安庁が撮影した衝突時のDVDはやはり早急に公開するべきだと思っています。そういう政府の対応こそが自由民主国家の長所であるのですから...

P.S2 今回の検察の政治判断は、あの厚労省データ改ざん事件から検事総長の首を守るため、検察が政府筋の要請を受けたものとは思っていない。しかし、この手(超法規的措置)の判断は、本来、政治がするべきであったと思う。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。