雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2010年12月28日

どんぐりの家

これは1993/07に出版された漫画です。先ほど読了したのですが、ずいぶん泣かされました。

知的障害と聴覚障害という二重の障害を持って生まれた圭子という女の子を中心にお話が進んでいきます。両親は、悩みながらも圭子とともに強く明るく生きていこうと努めます。

障害とは何か、人間の幸せとは何か、家族とは何か、生きるとは何なのか。

この漫画で描かれている障害者は、理解不能で汚くて不気味で、両親や家族だけでなく他人にも迷惑をかける。母親は育てることに疲れ、わが子の将来を思い絶望のなかで苦しみ嘆く、そんな家族の現実が描かれています。言葉を理解できない自分の子供を嫌い傷ついていく母親。崩壊していく家庭。障害者を持つ家族の現実がきれいごとではなく、残酷なほどリアルに描かれています。

しかし、この漫画はそれで終わっていません。希望があります。この漫画のストーリをこれ以上言葉で表わすことは出来ません。漫画、絵の持つパワーはすごいと思いました。是非、一読をお薦めします。ハンカチを忘れずに、ね...



参考:
どんぐりの家に関するその他の情報
和歌山県立図書館
和歌山市立図書館

追記(2010.12.30):
和歌山六十谷にあるくじら共同作業所では、さまざまな障害を持つ20人が通所し、食パン、菓子パン、ケーキやクッキーを作っています。今年2月には、和歌山ライオンズクラブが寄贈したハッチバック式自動車で、焼きたてのパンの出張販売もできるようになったそうです。

新聞記事によると、和歌山私立高校の生徒さんや近所の大工さんが自動車に可愛い絵を描いたり、棚などの内装工事をしてくださったそうです。

厳しい世の中ですが、がんばってね。くじら共同作業所さん応援していますよ~

追記(2011.1.7):
ワークショップ フラット
毎日新聞 2011年1月6日 地方版


同じカテゴリー(小説と絵本)の記事画像
「ブラックジャックによろしく」全13巻の無料配信
赤毛のアンの作者
javascript版の「フライング・ザ・ホースマン」
読売新聞の気流欄
奇妙な喫茶店「イヴの時間」
知ろう歩こう和歌山城
同じカテゴリー(小説と絵本)の記事
 プロも熱中する「歴史マンガ」珠玉の5冊 (2016-07-18 09:43)
 「ブラックジャックによろしく」全13巻の無料配信 (2016-02-25 14:35)
 125年のトルコとの友情 (2015-12-01 08:43)
 赤毛のアンの作者 (2015-11-30 12:10)
 「聖の青春」と「将棋の子」を読んで (2015-11-20 09:44)
 松谷 みよ子さんの「いないいないばあ」 (2015-11-19 11:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。