雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年01月25日

行政書士試験の不合格通知

今日、親展で(財)行政書士試験研究センターから郵便物が来た。ここからゆっくり開けてくださいとある矢印の箇所から捲っていくと「合」とあった。もう少し捲ると「計」と書いてある。なんだ「合計」か。喜ばすなよ、配点表だったのか。

ということで裏面を開けると、合否区分「不合格」とあった。

配点表:試験科目(太字はわたしの得点)
法令等
択一式5肢択一式
 40問  160点      88
多肢選択式
 3問  24点        14
記述式
 3問  60点        14
計  46問 244点   116
一般知識等
 択一式5肢択一式
  14問 56点       40
合計 60問300点    156

合格基準点は、
1 法令等科目の点数が 122点以上  116
2 一般知識等科目の点数が24点以上  40
3 試験全体の得点が、 180点以上   156点 
の者

という次第で、わたしの場合、法令等択一式が116点(うち記述式14点)ですので、基準点の122点に達していませんでした。記述式で20点以上取れれば良かったのですが、取れたのは14点、この時点でアウトでした。救いは一般知識等で7割正解の14問(56点)中10問(40点)も取れたことぐらいかなー

総得点では、基準点180点に24点足りませんでした。ですので、法令等の記述式で3問×20点の計60点のうち38点(あと24点)取れていれば合格だったんですね^^

まぁ、取らぬ狸の何とやら、良い経験をさせてもらいました。
一応、合格点に届かないのは試験が終わった時点で感じていたので、さほどガックリはしていません。それでもやっぱり悔しいですね。

関連エントリ:
2010年11月14日行政書士の試験
2010年08月29日行政書士の受験

現在、敗因の分析中・・・

参考書籍:



結局、あと6問、24点も足らなかったのである。法令等の5肢択一式40問中で22問しか取れなかった。合格圏に達するには、あと6問24点が必要だった。持ち帰った問題集をみると、正解肢に△を付けて迷った挙句間違ってしまったものもある。

でも、あと6問が正解であればというのは、ばかげた考えである。何人かの受験生は、あと1問に泣いているかもしれないのである。あと6問とは、完全に不合格といことであって、実力が不足していたということなのである。

1 得点分析結果(左は配点、右は得点)
法令等択一式(4点/1問)
 基礎法学 8→ 4
 憲法   20→12
 行政法  56→32
 地方自治20→16
 民法   36→16
 会社法  16→ 8
 商法    8→ 0
一般常識(4点/1問)
      56→40
多肢選択(2点/1肢)
 憲法    8→ 8
 行政1   8→ 4
 行政2   8→ 2
記述(3問)行政1問、民法2問
       60→14
2 反省点
初めての受験であるが、2ヶ月程度の勉強では通らない試験だということを痛感。受ける前になめていたところがあった。不合格は当然の結果だと思う。
結局、民法と行政法など基本科目の勉強不足である。特に、民法は基本書を何度か繰り返し勉強、記述式にも対応できるようしておかねばならないと思った。完全独学なので、基本書はもちろん過去・予想問題を解くことが大事だと思う。今年、2回目の受験をするかどうかどうかはまだ決めていないが、受験するとすれば、少なくとも3ヶ月前から集中して勉強に取りかかろうと思う。

同じカテゴリー(学習)の記事画像
News in Levels
和歌山に羽衣国際大学のサテライトが
行政書士の試験
和歌山の県民性
和歌山市内の図書館
牽
同じカテゴリー(学習)の記事
 News in Levels (2015-12-03 10:30)
 javascript でプログラミング (2014-10-25 14:12)
 JavaScriptで創られたゲーム (2014-09-20 09:14)
 球形飛行体 (2011-10-25 11:09)
 ふたりの天才 (2011-10-20 18:36)
 平城山という歌 (2011-08-11 13:48)

この記事へのコメント
・・・記述14点・・・・。

まじですか、私、かなり記述的外れなこと書いてて58点でしたよ。
ちなみに記述以外での合計122点・・・

つまり、ギリで180点でした。
記述は詐害とか書いちゃうし、棄却が抜けてたし、不法行為のとこなんか自動での相殺がどうたらこうたら書いてました(苦笑
県によって採点基準が全然違うみたいですね。
Posted by 欄 at 2011年01月28日 19:21
こんばんは
そして、おめでとうございます。
記述式、58点とはすごいですね。
3問について、おおよそ論点は何となくわかっていたんですが。うまく書けませんでした。1問目は、請求の却下か棄却かが自信が無くて、既成事実を尊重し請求を認容しない、事情判決というと書きました。おそらく5点から10点。これが基本問題で30点はあったのでしょうね。棄却、主文で処分が違法と宣言、事情判決の三点セットだったのでしょうか?
まぁ、記述式は助け舟か泥舟かわかりませんが基本問題で減点されたのですから実力不足です^^
Posted by ecellecell at 2011年01月29日 22:58
なるほど・・・私思うのですが、この記述は難しく「既成事実をどうたらこうたら・・・」とか難しめく書くと大きく原点をくらう気がします。
逆に、私は本来は付記登記のとこを「登記」としか書いていませんでした。
その悔しさと素直さがあればきっと今年度の試験には合格できると思います。
いつか同じ舞台で活躍できるといいですね。
お互い頑張りましょう!
Posted by 欄 at 2011年01月29日 23:29
ありがとうございます。
しばらくは、趣味であるプログラミングとか、Webで遊び、タイミングをみて勉強しようと思っています。あまり集中力が無いほうです。
ところで、欄さんもブログを始められればいかがでしょう。いずれにしても、ときどきは激励に来てくださいな^^
Posted by ecellecell at 2011年01月30日 21:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。