雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年08月06日

婚活システム

和大生がプログラミングコンテストでグランプリ

今年の1月のニュースですが、和歌山大学システム工学部デザイン情報学科の大学院生たち4人(男2人と女2人)がJava™プログラミングコンテストでグランプリを取りました。



このコンテストは、コピー、スキャン、プリント、さらにはEメール、インターネットとの連携なども可能なマシンであるJVM(Java™ Virtual Machine)を搭載したリコーの複合機をアイデアとプログラミング(アルゴリズム)を駆使して楽しく使うためのコンテスト。

主催者であるリコーは、「本コンテストは、この複合機で、組み込みJava™プログラミングによる「ビジネスアプリケーション」を自由に開発し、発想のユニークさや技術力を競う大会「RICOH & Java™ Developer Challenge」なのです」としている。

和歌山の学生たちのアイデアは、まず、リコーの複合機のうちスキャナー機能を使い、手のひらのシワ(手相)を登録してもらうところからスタートします。この手相のデータは、サーバ(パソコン)内のデータベースに取り込まれ、手相が類似する異性を検索します。マッチした相手にメールを出して、交際のきっかけを作ります。

つまり、リコーの複合機を使って、社内での異性との出会いのきっかけをつくる手のひらのシワとシワを合わせたシアワセというシステムです。

そういえば、初めてコピー機を使ったとき、自分の手のひらをコピーしたな。ふざけて顔をコピーしていた人もいた。傑作なのは、釣った黒鯛(チヌ)を拡大コピーして、ライバルにFAXで「82cm新記録」って画像を添付して送った奴がいた。その返信は「ウロコが大きすぎる」だった。拡大したの見破られてるぅ^^

参考:
和歌山市の出会いの場創設事業
和歌山市主催で、概ね30〜40歳代の男女の出会いの場を提供する事業を今(H23)年度も3回実施予定です。


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性
今日のグーグルはグー
13億の大国のネットユーザー
ビハインド・ザ・コーヴ
バセットの涙
お正月の天気
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「この世界の片隅に」 観たいなぁ (2017-03-29 19:30)
 政治とスポーツ (2016-08-12 08:52)
 5月の祝日 (2016-04-30 12:17)
 雨の中の桜花 (2016-04-04 09:49)
 卒業式の歌 (2016-03-27 10:04)
 Googleの国際女性デー (2016-03-08 09:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。