雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年08月14日

和歌山のお盆

わたしは今、和歌山市に住んでいます。東京に住んでいたときは、毎年夏8月13日に帰省し8月16日に帰京していました。14日にはお墓参り。なかでも15日は、年に一度の兄弟姉妹等が集まる日でした。

お仏膳には、お花やお供え物を普段より多めにし、精進料理を供えます。その両端に一対の盆提灯を飾ります。わたしの家の宗派は浄土宗「南無阿弥陀仏」です。14日には菩提寺のご住職が原付に乗って袈裟姿で檀家一軒ずつ来てくださって(棚経っていうのですか)読経をあげてくれます。

 盆提灯

わたしは、旧盆を8月13日~8月15日までと理解しています。むかしは、15日の夜、送り火を焚いて線香を立ててお供え物の精進料理(キュウリの馬・ナスの牛)を川に流しました。今では、環境保護の観点からしていません。結局、生ゴミで出すのですが少し違和感があります。

旧盆とは、ご先祖や故人を偲び、感謝供養する日であると、わたしは思っています。今日、兄弟たちとお昼を一緒に摂りながら故人の思い出話をしました。この文章を書いていると、歳をとり涙腺がゆるくなったのか、死んだオヤジのことを思い出して涙が出そうです。

注:
キュウリの馬・ナスの牛
お盆の時に、ご先祖や故人の霊の乗り物として、キュウリの馬と、ナスの牛を供えていました。これは霊が馬に乗って一刻も早くこの世に帰り、牛に乗ってゆっくりあの世へ戻って行くように、との願いを込めたものだそうです。

精霊流し
精霊流しは、お盆のお供え物をのせた精霊舟に火を灯して海や川に流す行事で、8月15日の夕方に近くの川に流していました。わたしは、10年ぐらい前までは川岸に線香を立ててロウソクを灯し抹香を撒き、お供え物を流しました。上流から、茄子、スイカなどが流れてきていました。いまでは、生ゴミとして処理しています。


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性
今日のグーグルはグー
13億の大国のネットユーザー
ビハインド・ザ・コーヴ
バセットの涙
お正月の天気
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「この世界の片隅に」 観たいなぁ (2017-03-29 19:30)
 政治とスポーツ (2016-08-12 08:52)
 5月の祝日 (2016-04-30 12:17)
 雨の中の桜花 (2016-04-04 09:49)
 卒業式の歌 (2016-03-27 10:04)
 Googleの国際女性デー (2016-03-08 09:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。