雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年08月27日

和歌山県警の増員

住みたい街や住みやすい街の条件には、人口、交通の便、物価、買い物のしやすさなど様々なものがあると思う。しかし、最も基礎的かつ必須の条件は治安が良いかどうかであろう。

今日、久しぶりにコメントがあったので、このことについて少し考えてみた。
そのコメントは、「大阪から来た犯罪者たち」の関連で、以下のとおり(誤字等は訂正)です。

和歌山県警はシートベルトをしてないとか、チャイルドシートをつけてないとかの軽微な交通違反の取締りは本当に熱心にやってましたよ。私が和歌山に住んでた10年くらい前の事ですけど。(阪和)銀行の副頭取が殺された事件とか、市民図書館の近くで起こったひき逃げ死亡事故とかの難事件は未解決。

つまり、和歌山県警は軽微な取締には熱心だが、肝心の難事件などは未解決だというものでした。

わたしは、市民図書館の近くで起こったひき逃げ死亡事故は知りませんが、当時、ヤクザの「貯金箱」と一部で言われていた旧阪和銀行の副頭取小山友三郎さん(当時62才)が射殺された事件は覚えています。

平成5年8月5日午前7時50分頃、和歌山県を本拠地とする地方銀行の阪和銀行副頭取・小山友三郎さんが自宅に迎えにきたハイヤーに乗り込んだところ、突然白ヘルメットでサングラスの中年男が近づき、不思議なことに「部長!」と叫んでピストルを3発発射。小山副頭取は30分後に死亡した、という事件です。

この事件の発生後間もない8月14日、当時の和歌山県警本部長は大阪府内の岬カントリークラブで部下を従えゴルフに興じていたと報道され、批判されました。

確かに、和歌山市内で起こった重大事件で迷宮入りしているものが幾つかあるようです。しかしだからと言って、落書き、未成年者の喫煙、無賃乗車、万引き、花火、爆竹、騒音、違法駐車などの軽犯罪が見過ごされてよいはずがありません。割れ窓理論のとおり、軽微な秩序違反行為でも徹底した取り締まりが必要不可欠だと思います。

ところで和歌山駅前に交番があります。何人か詰めているようですが、私の知る限り彼らが徒歩でパトロールをしているのを見たことがありません。制服の巡査がパトロールするだけでも犯罪抑止力は違ってきます。もし私が知事なら直ちに警察官を1,000人ぐらい増員(剰余県職員を異動等)して徹底したパトロールを実施させます。あわせて予算を計上し防犯カメラを要所要所に設置させます。仮に重大犯罪が発生すれば、本部長以下幹部を事件が解決するまで庁舎に泊り込みするよう指示します。

和歌山市(県)内でのいじめ、落書き、未成年者の喫煙、無賃乗車、万引き、騒音、違法駐車、ポイ捨て、ペットの糞の不始末などの軽犯罪をゼロに近づけます。それとともにタクシーの交通違反、飲酒運転の厳罰化、路上屋台、ポルノショップの締め出し、ホームレスの路上からの排除、保護施設への強制収容などの取締りを行います。迷惑な行為、不法な行為は和歌山では許さないことを市民、県民はもとより大阪はじめ近辺の自治体住民に徹底して知らしめることが地域の犯罪抑止には大切なことだからです。

関連:和歌山の治安

蛇足:
もちろん、以上によっても犯罪はゼロとはならないでしょう。しかし、必ず短期間で画期的なほど迷惑行為を含んだ犯罪は減少するはずです。この地域では悪いことがやりにくい、やっても直ぐに捕まる。こういう事実が積み重なっていけば、それが評判になり、住民の意識も変わり、犯罪者も住みづらくなるでしょう。住民は安心して生活し、これを誇りとし、観光客も増えてくるでしょう。ポイ捨てなどの迷惑行為がみられなくなった街はいっそう美しくなっていくでしょう。

本当にマジで和歌山県警よ、やってみろよ。たった1年間だけでもいいから徹底して和歌山の治安を守ってみろよ。その結果は君たちの勲章になるはずだから。

もう一度書いておきたい。和歌山市を県を犯罪者たちが住みやすい街だと、犯罪を起こしても逃げやすいと、犯罪に寛容なところだと、県警がだらしないと決して思わせるな。なめるなよ和歌山県警を。そんな気概を持ってくれよ、頼むぜ。

蛇足2:
和歌山県警は、犯罪抑止のパトロールどころか、先月22日、40代の男性警部が市内の公園で女子中学生(13)にわいせつな行為をした疑いが持たれていたそうな。 これじゃ、犯罪者たちに舐められるよな。和歌山では、警察官まで悪いことをしている。みんな悪い奴は和歌山へ行こうよって... 情けない。警部は翌23日朝、和歌山市内の自宅で自殺したと聞きました。少しかわいそうな気もします。

これまで、和歌山県庁、和歌山市役所、和歌山県警など官公庁の規律が余りにも緩かった。その結果が上記の40代の男性警部にみられるように、このぐらいは許されるだろうという甘さにつながったのだろう。自分が警察官であるという意識が希薄なのだろうか。

あの官官接待などが問題になり、公務員倫理規定が話題になったとき、君たちは公務員とは何かを真剣に勉強したはずではないのか。

息子が建設会社に勤めており、親の私は県庁の土木工事の発注の仕事をしています。息子とお酒を一緒に飲んでも許されるでしょうか。利害関係者の事務所に検査に行ったところ雨が降ってきました。利害関係者から傘を借りても倫理違反にならないと考えていいでしょうか。

こんなくだらないことまで心配し、自分たちの身を慎んだ時代があったではないか。政治主導の民主党政権下でやる気も起こらないかもしれないが、地域住民のためにやってみろよ。少なくとも公務員という職業を選択したのなら税金を収めている方々のために頑張ってくれよ。

追加(2011.8.30)
和歌山運転手のシートベルト着用率全国最低(2008年11月30日)


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。