雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年10月06日

可愛いキッズの口論

Cute Little Kids Arguing
可愛いキッズの口論




Girl : Yes.
Boy: No.

Girl : And I said yes.
Boy: And I said no.
Girl : And I said ye..yes. I said yes and I said no so no.
   {so no(そうNOって言ったんだから)}

Boy: NO~
Girl : I said NO.
Boy: I said no first.
Girl : No I said no first.
Boy: Now I said no first.
Girl : I said no first.

Boy: BE QUIET.
Girl : You be quiet.
Boy: No You be quiet now.
Girl : You be quiet. I'm four. You not four.
Boy: No I'm four. you...Mike Jones(有名なアメリカの人気ラッパー).

Girl : You are not four. I'm four.
Boy: No You...you disrespecting(無礼).

Girl : You are bad.
Boy: No You are bad.

Girl : Imma( I'm goIng toの短縮形)tell your mom.
Boy: You will go home. Go!
Girl : (*You'd better not touch me)

この動画の教訓は、「(Never argue with a woman...)ご婦人方とは口論をしないこと」ってこと。確かに^^
英語のわかる人は、男の子が言った「you...Mike Jones」で笑ってしまったんだろうなぁ。うらやましいな、英語がわかる人って。でも、わたしは猫語の勉強をしたい。 ← まだ立ち直れない...

猫ちゃんのこと
助けた猫を殺した罪悪感。 Yahoo!知恵袋
読んでいる途中で熱いものがあふれてしまいました。長い引用文ですが・・・

助けた猫を殺した罪悪感。
nanaki425さん

助けた猫を殺した罪悪感。
昨日、交通事故にあった猫を安楽死させました。

朝、旦那サンを仕事に見送り、家でのんびり過ごしていたら出勤途中の旦那サンから電話がかかってきて、「通勤途中で事故にあった猫を見つけたけど、まだ動いていたから助かるかもしれないから気になる。行ってあげて。」との事。

急いで指定された場所に向かうと道路に横たわった猫を発見。急いで車を止めて駆け寄って見ると、意識が朦朧としたまま足を時折動かしていて生きてはいましたが、周囲には血溜りがいくつかあり、瀕死の状態。血に一瞬怯みましたが、それでも生きているのを見捨ててはおけないので着ていたジャンバーに包んで車に乗せました。かなり痛みを感じるらしく、そっと抱き上げた時には意識を取り戻して泣き叫び暴れました。ジャンバーにもおびただしい血が。

「助からないかも」と、泣きそうになりながら車を運転し、15分後に獣医に駆け込みました。診断の結果は「腸が何箇所か千切れていて、骨盤がグシャグシャになっていて、脊髄も多分傷つけているから手術しても助かる見込みも凄く少ないし、もし助かっても下半身不随で猫にとっては苦痛な生活になる。他の内臓は傷ついていないので、このまま寝かせておいても数日は生きているかもしれない。今、この子は凄く痛がっているから生かしておいては可哀相な状態。安楽死をさせてあげるのが1番だと思うけど、どうか。」との事でした。

触診やレントゲンの間も、悲鳴をあげて苦しんでいた猫の姿は見るに耐えなかったし、獣医師の言葉通りに安楽死をお願いしました。知り合ったばかりの、名前も知らない若いオス猫は、麻酔の後安楽死の処置を受けました。改めて涙が出ました。
帰りのお会計は18000円。少なくない出費ですが、電話で旦那サンも了解してくれたし、関わった以上覚悟してたので、これは仕方ないです。

轢いたのはどこかの誰かだし、安楽死の処置をしたのは獣医師ですが、「安楽死をお願いします。」と、お願いしたのは私です。結果助からない可能性が高かったとはいえ、0%ではなかったかもしれないのに、独断で死を決定してしまったのではないか、と悩むようになりました。
理屈では「楽にしてあげられたんだ、道で数日苦しむより安楽死の方がマシ」とも思ってみるのですが、いつまでもいつまでも、「猫を殺した」という罪悪感がつきまといます。

私の行いは、猫殺しだったのでしょうか?助けてあげられたのでしょうか?

補足
〔安楽死〕という、正しい答えが出せない質問に、思いやりのある言葉を、本当にありがとうございます。実は泣きながら質問を書き、泣きながら回答を読んでいる様な状態で、予想以上に精神的に不安定な自分に驚いている次第です。その中での、甘えた質問だったと思います。すみません。

猫は白と茶のふっくらした和風のブチ猫でした。この文章を読み、少しでも彼の死を悼んでくれたら幸いです。



ベストアンサーに選ばれた回答
sara18282006さん

僕は、小さい時にお母さんと兄弟たちとバラバラになって、たった一人で生きてきたんだ。人間の捨てた少しのごみのようなごはんを食べて命をつないできたんだ。

僕何も悪いことしていないのに、人間に、シーっと追い払われたり、石を投げられたり、いつも、びくびくして毎日を過ごしてきたんだ。この世の中で、僕のほんの小さな身を隠すところさえ、ないと思った。

雨の日は毛がびしょびしょに濡れて、冬の寒いときには小さくなってお日様に助けを求め、夏の暑い日には木陰を求めて、一日一日が本当にたいへんだった。喧嘩もしたなぁー。傷になって、舐めても治んなくて。

お家の中で、おなかいっぱいで満足そうに日向ぼっこしている猫がうらやましかった。抱っこされて、なでられて、優しい言葉をかけられて、あくびをしている、僕と同じ姿をしている猫がうらやましかった。

一度でいいから、愛されたかった。

助けてもらった時には、痛かったけど、生まれて初めて心配してもらって、とっても嬉しかった。あんな形だったけど、抱っこされて、言葉をかけてもらった。

これは、僕が選んできた寿命だったんだ。もう、ごはんのことも心配しなくていいし、身を隠すところを探す必要もない。お母さんも、兄弟たちも一緒だ。お母さんが迎えに来てくれたから、僕は行くね。注射のせいじゃないよ。
本当にありがとう。どうか、自分のことを責めないで。最初で最後に優しい人に会えて、僕はとても感謝しているよ。

同じカテゴリー(その他)の記事画像
第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」
無理をするなと上司無理を言う
被災者の心の傷
被災地での炊き出し支援
次々と悲しい報せが
避難生活
同じカテゴリー(その他)の記事
 北朝鮮が核実験見送りか? (2017-04-15 13:41)
 近頃珍しい好い話 (2017-03-22 09:49)
 第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」 (2017-02-05 11:00)
 無理をするなと上司無理を言う (2016-12-03 11:40)
 いろんなことが (2016-06-05 09:23)
 グーグルのアップス・スクリプト (2016-05-02 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。