雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年11月09日

はやぶさと言う名の探査機

昨日(2011年11月8日)、平成23年度和歌山市文化表彰で、CG イラストレーターの池下 章裕さんが文化功労賞を受けられた。あらためて、はやぶさの奇跡の帰還を思い出した人も少なくないだろう。


画像出典 右下に描かれているのが小惑星イトカワ

2003年5月9日、「はやぶさ」は九州の大隅半島にある内之浦宇宙空間観測所より打ち上げられました。2年後の夏、小惑星「イトカワ」に接近し、着地・離脱を数度行った(世界初の小惑星への軟着陸)のち帰還軌道に入りました。地球からの距離は約2億9千万km。

2007年夏に地球帰還の予定でしたが、地上の管制センターと探査機の交信が途絶え(探査機と地球の通信の往復にかかる時間は約40分)、エンジンのトラブルも発生しました。

そのため、計画を変更し約3年の遅延ののち地球に帰還させることになりました。
この行程は、ミッションカレンダーに記されているように想像を絶するものでしたが、ついに昨年(2010年6月13日)、「はやぶさ」は地球に帰還し、サンプルの入ったカプセルを放出した後オーストラリア上空の大気圏で燃え尽きました。

カプセル分離後、最後に撮影した地球の写真、帰還時にオーストラリア上空で輝いた、はやぶさの最期の姿などを覚えておられる方も少なくないでしょう。久方ぶりの我が国の明るいニュースでした。

(2011.11.12追記)
肝心なことを書くのを忘れていました。この「はやぶさ」のCG(コンピュータ・グラフィック)を描いていたのが和歌山市の池下章裕
さんなのです。

参考:
小惑星探査機「はやぶさ」物語
映画はやぶさ


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。