雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2011年12月31日

e-learningシステム

インターネットの利用はすさまじい。業務、ゲーム、趣味、コミュニケーション等々。今や、ケイタイもさながら小型PCって感じ。それ故、徐々に働き方も変わってきつつある。

ノマドという言葉「日本語では遊牧民」が定着してきている。WordPressというブログシステムを無償で提供する会社は、事務所を設けていない。社長はじめ社員は遊牧民のように世界を旅し、年に一回も全員が集まることは珍しいらしい。ネットで業務上の連絡を取りながら会社を運営しているようだ。

そんな状況を踏まえ、神戸市にはネットを利用して働く人たちのためのスペースを安く提供するお店ができた。まるで図書館のようなスペースで人間的なつながりを求めて人は集まってくるらしい。おもしろい時代になってきつつある。



先ほど、moodleをインストールし少し試してみたが、日本語化してもまだ若干文字化けが出るようだ。最新バージョンではOKなのかもしれない。とりあえず、カレンダーの文字化けは直したが、「管理」の「管」などはまだ文字化けしている。

だから、openpneを特化した「生涯学習ICTプラットホーム」と「moodle」のどちらが良いのかは判断できない。どちらにも一長一短があるのだろう。年が明けてから本格的に調べてみたい。

参考:
http://zerohours2010.blogspot.com/2010/03/moodle-sqlite.html
日本語化(以下は抜粋)
デフォルトでは英語しか対応していないが、以下のような日本語化と文字化け対策が可能である。

1)下記のサイトから言語パックja_utf8.zipをダウンロードし、解凍してフォルダQ:/moodle/langに保存する。
http://download.moodle.org/lang16/

2)カレンダの文字化け(年月)を解消するため、保存した言語パックja_utf8のファイルlangconfig.phpを、適当なエディタを用いて次のように修正する。
$string['localewincharset'] = 'CP932'; -> $string['localewincharset'] = 'UTF-8';

3)コースの設定画面や活動ブロックに見られる日付け(月や週)の文字化けに対処するため、Moodle管理ブロックの「言語設定」-「言語設定」-「サイト全体のロケール」を‘UTF-8’(デフォルトは空)とする。これにより月や週が英語表示されるので文字化けが回避できる。
なお、日本語ファイル名のファイルも文字化けしないでアップロードできるようである。


同じカテゴリー(お店)の記事画像
まともじゃない世界
蓬莱551和歌山店
本ノ字饅頭はどうなる
フェリーの旅
鉛筆彫刻
勘違い
同じカテゴリー(お店)の記事
 駿河屋が再出発 (2015-04-03 11:00)
 LLCピーチ便で成田まで (2014-11-25 09:32)
 まともじゃない世界 (2014-09-01 09:35)
 蓬莱551和歌山店 (2014-08-09 09:15)
 駿河屋倒産のその後 (2014-07-21 08:22)
 駿河屋の売却先が決定 (2014-07-05 11:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。