雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年01月08日

食のふるさと和歌山

わが国、日本の味覚の原点は和歌山にある。然り、味噌をわが国に伝え、醤油を発明したのは和歌山においてである。さらにきわめて日本的な食べ物、梅干の産地でもある。加えて海、山の味覚。食は和歌山にあり、偉大なり和歌山と言っても過言でない。

味噌は、鎌倉時代に心地覚心(法燈円明國師)が中国の径山寺味噌(金山寺味噌)の製法を日本に伝え、湯浅周辺で金山寺味噌作りが広まったのがわが国での始まりである。

醤油は、心地覚心が味噌の製法を紀州湯浅の村民に教えている時に、仕込みを間違えて偶然出来上がった。それは今の「たまり醤油」に似ており、醤油の原型にあたるものだと言われている。出典:wikipedia

紀州(和歌山県)の由良興国寺の開祖である心地覚心が醤油を発明していなければ、魚を生で食べるという食文化もこれほどの発展はなかっただろう。そういう意味で、もっと紀州湯浅の人たちはこのことを宣伝して良い、自慢しても良いと思う。しかし、ことさら自慢せずに手柄を他国に譲るのもこの地の人たちの良さかもしれない。

B級グルメやC級グルメも良いけど、梅干、味噌、醤油を使った料理(ラーメン、せんべい、丼など)のコンテストなどマチオコシにどうだろう。世界中から料理人が集まり醤油を使ったおいしい料理を創る。ぜひ、そんな料理を食べてみたいものだ。

注:因みにB級とは本来の食事に変わる、例えばお好み焼きとかたこ焼きなどを言うらしい。そういう意味でラーメンもB級グルメなのかしら。C級とはsea級、つまり海産物を中心とする料理らしい。


同じカテゴリー(お店)の記事画像
まともじゃない世界
蓬莱551和歌山店
本ノ字饅頭はどうなる
フェリーの旅
鉛筆彫刻
e-learningシステム
同じカテゴリー(お店)の記事
 駿河屋が再出発 (2015-04-03 11:00)
 LLCピーチ便で成田まで (2014-11-25 09:32)
 まともじゃない世界 (2014-09-01 09:35)
 蓬莱551和歌山店 (2014-08-09 09:15)
 駿河屋倒産のその後 (2014-07-21 08:22)
 駿河屋の売却先が決定 (2014-07-05 11:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。