雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年01月30日

閉塞感と大阪市長

橋下徹氏、すごい政治家だと思う。先日の選挙で大阪の市民の心をわしづかみした。猛烈なネガティブキャンペーンに耐えつつ、大阪活性化を訴える姿勢に多くの人が共感を感じた。

彼は、一定の方向を打ち出すのが政治家でそれを選挙で問い、信認を得れば専門家集団である行政マンたちに実施案を検討させるという手法をとっている。これは正しい考え方であると思う。

ほとんどの反橋下派の方たちは感情的な批判や枝葉末節的な反論をしているから説得力が無い。大阪、ひいてはわが国の政治、経済における閉塞感をどう打破していくべきか。一所懸命頑張る人が報われる社会。ハンディのある方が健やかに生きがいが持てる社会。政治的腐敗や悪に対してノーと恐れることなく言える社会。若い人に深い信頼を持たせる社会保障システムをはじめとする国家・社会システムの再構築。安全な原子力発電政策の確立。塾が乱立し、いじめ、自殺、学校格差などの問題を抱える義務教育制度の見直し。そして何よりも国家財政の破綻回避のための早急な施策。

わたしたちの社会が根元までが腐ってしまわないうちに、やるべきことをやらねばならない。政権交代の期待を悪夢に変えてしまった民主党。国家社会のことを考えず、政権奪取ばかり考えている自民党。

このような状況下では、わたしたちは次期衆議院選挙で300人を擁立し、国政を変えたいという橋下氏が率いる維新の会を選択することになるだろう。

わたしは、鳩山氏、管氏に続く野田政権は相変わらずのミスマッチの人事権行使を除き、頑張っていると思っている。野田氏は、前任者たちに比べると比較的全うな政治家だと感じている。だから、国民にもっと情報を提供し、やるべきことをしたうえで、消費税の増税を訴えて衆議院を解散すれば、負けないかもしれない。一方、現時点の自民党党首や幹事長等をどれほどの人が積極的に支持するだろうか、疑問である。

民主党は、無駄を徹底して排除する歳出削減や公務員制度を再構築し消費税増税を訴えれば、現実政党と評価され勝てるかもしれない。しかし、問題は寄せ集めで党綱領も無い民主党がまとまれるかどうかだ。おそらくまとまることは無理だろう。そうすれば、きっと政界再再編になる。新しい日本のためには一時的な政治的停滞も止むを得ない。

そのような政治状況で維新の会の立つ位置はどのようなものになるだろうか。不安もあるが楽しみでもある。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。