雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年02月06日

犯罪都市大阪の改革

1992年当時、米国ニューヨーク市は年間の殺人事件発生数が2000件弱、強姦・強盗・傷害・家宅侵入・窃盗・自動車泥棒を加えた7つの重犯罪全体では40万件に達していた。まさに犯罪多発都市であり、地下鉄は汚れ落書きされたまま運行されていた。そんな写真を見た人も多いだろう。

それでも、ニューヨーク市は当時も今も世界最大の都市のひとつである。しかし、その頃のニューヨーク市は犯罪多発の現実とそのイメージによって活力を失っていきつつあった。失業率と犯罪発生率は上昇し、財政負担が大きくなる一方、民間投資と税収入は減少し悪循環に陥っていたのだ。

1994年に市長になったルドルフ・ジュリアーニ氏は、その前の年、選挙に立候補する際に3つの公約を掲げていた。

【1】治安の向上(安全な街の確立)
【2】行政改革と経済活性化
【3】学校教育の向上

犯罪の防止、生活の質の向上、市政府の規模の縮小と民間雇用拡大のための経済開発。さらに、市教育長などの権限強化による秩序の乱れた公立学校の改革。

これらを実現させたルドルフ・ジュリアーニ氏の生い立ちや政治手法は、現大阪市長橋下徹氏のそれとよく似ているような気がする。DQNな大阪を立ち直らせるためには、ルドルフ・ジュリアーニ氏の政策は参考になるのではないだろうか。特に堺市、岸和田市、泉南など大阪南部のDQNぶりを何とかして欲しいとわたしは思っている。



参考:歌舞伎町るねっさんすBlog by てらたにこういち

蛇足ですが、わたしはニューヨーク市に憧れを持っています。いつか行ってみたいと思っています。ハドソン川と自由の女神を見てみたいのです。五番街を歩いてみたいのです。「I love NY.」「好きやねん大阪」。そして、なによりも「あがらの街和歌山市」が大好きです。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。