雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年05月09日

「天皇が来る意味って?」と毎日記者が発言

先日(2012年05月09日)、斉加尚代さんという女性記者の大阪市長取材について書きました。この方は毎日放送(MBS)の幹部であります。わたしは、どちらかというと、権力のチェック機関としての報道機関の役割を評価し、その活動を尊重する立場にいるつもりです。しかし、あの取材は、やはり無礼ですし、記者は勉強不足であったといわざるを得ません。完全に上から目線で、取材者に対する敬意というか、お話を伺うっていう姿勢も感じられませんでした。傲慢不遜でした。

この動画を観てわたしは、大分古い話ですが、2006年9月28日に佐賀県知事が「全国豊かな海づくり大会」(10月29日)に天皇皇后両陛下がご出席されることを発表したときの同知事と毎日新聞記者とのやり取りを思い出しました。


-記者質問は3分過ぎぐらい- この続き

上記質疑のテープ起し問答文(テキスト)
http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-9-28/shitsumon1.html
佐賀県 広報(平成18年9月28日)

簡単に言えば、この毎日新聞記者は「天皇皇后両陛下は何のために来るのだ、税金の無駄じゃないか」と知事に質問したのです。

この記者には多くの批判が寄せられました。もちろん県ばかりではなく、毎日新聞にも批判が多数寄せられ、佐賀支局長が記者を「誤解を招く質問だった」と注意したといいます。

さらに、同社社長室広報担当は「記者の質問は言葉遣いや態度に節度を欠くものがあった。また、『全国豊かな海づくり大会』そのものが、天皇、皇后両陛下のご出席と切り離せない行事であるとの認識を欠き、不勉強だった」とコメントしたそうです。記者の個人情報が流出している点(注:何故か携帯電話番号がネットにおいて晒されていた)については「個人への攻撃を引き起こしかねない状況につながり、憂慮している」ともしていました。

あるサイトによれば、この問題で読者離れが起こり、ただでさえ悪い毎日新聞の経営が更に悪くなったとも言います。

今回の毎日放送の女性記者が大阪市長に仕掛けた取材(論争?)をみると、あの頃からマスコミはもちろん、取材した記者も変わっていない、反省などしているわけが無いと思えるのだが。はっきり言って、思い上がり、傲慢、或いはマスコミ特有の社風そのものじゃないだろうか。

参考:Yahoo!知恵袋 質問日時:2011/5/1 15:00:49
在日韓国人の朴鐘珠(パク・チョンジュ)毎日新聞記者 佐賀県の古川知事に対して無礼...


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。