雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年06月13日

四季百景わかやま市

和歌山県も和歌山市も観光PRに力を入れています。最近、和歌山市観光協会が「四季百景和歌山市」というサイトを立ち上げ、「四季百景わかやま市 写真投稿」のコーナーを設けました。

このサイトの趣旨・目的は次のとおりです。

和歌山市の魅力ある四季に応じたテーマを設定し、一年を通じて和歌山市の観光をPRしていくキャンペーンを展開します。

和歌山市、和歌山市観光協会、市内の民間事業者等の団体を含めた組織化を図り、広く市内外から和歌山市への観光誘客が図れ、和歌山市の観光情報の発信を年間通して実施していくための企画・検討や事業実施を行うことで、和歌山市の観光PR及び多くの観光誘客を図って参ります。


実は、平成21・22年度に、「万葉わかやまフォト短歌コンテスト」という催しがありました。わたしは、これに注目して、ずーと続けてくれれば良いなぁと思っていました。残念ながら、2年で終わってしまいました。今回の「四季百景わかやま市 写真投稿」はこれの延長線上にあるものかもしれません。

先の「フォト短歌コンテスト」では、WEBからの投票などの試みもなされていました。21年度では、結局、WEBからの投票があった作品の入賞は皆無でした。次の22年度でWEB大賞というものが設けられました。どのようなシステムでWEB投票を実施されたのかはわかりませんが、21年度のときは、同一人が何回も投票することが出き、かなりいい加減なシステムであったように記憶しています。

そのような経験を経て、今回「写真投稿」欄が設けられたのだと思います。経験を生かすのは良いことだと思っています。さらに、前回では明確でなかった著作権等の帰属(協会に帰属するということ)等も明らかになっています。

ただ、和歌山県、市の行政の多くはやってみただけというのが少なくありません。霞ヶ関に言われたから、他の自治体もやっているからやってみよう。そうすれば、霞ヶ関から補助金も貰えるから。補助金がなくなれば止めればよい。これはやっぱり拙いことです。できるだけ、住民市民の支持を受けたイベントや催しは長く続き、発展していって欲しいものです。実際、この企画は、前回のものも含め、とても良いものだと思います。もちろん今回も期待しています。少なくとも3年は続けてくださいね。

参考:
和歌山市の観光案内
和歌山市観光協会
四季百景キャンペーン事務局 四季百景和歌山市


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。