雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年07月06日

いじめをなくすために

度の過ぎたからかい、それともいじめか。躾の範疇、あるいはいじめか。もはやいじめではなく、犯罪行為か。確かに、いじめだとしても、ピンからキリまでの範囲がある。それは、セクハラ行為にも似ている。本質的には、被害者がセクハラだと感じるかどうかだろう。ぎりぎり議論していけば、明白な犯罪行為を除き、判断するのが難しいものもあるだろう。

しかし、ここで取り上げるのはいじめられているんじゃないかと思い、あいつらと一緒にいるのは嫌だと感じたときのことだ。それを誰に告げ、誰に助けを求めると良いかという問題である。学校の教師は味方じゃない。もちろん同級生たちも。

そんなとき、学校に行くということは苦痛であり、孤独と絶望に陥るかもしれない。みんなが見ぬ振りをしている。誰も信じられない。しかし、もし校内に厳重な鍵で防御された投書箱か何かがあれば、そこに悩みや問題などを書いて抛り込むことができる。で、それは学校関係者が見るのではなくて、外部のNPOか塾の経営者か教育コンサルタントの方に管理してもらう。もちろん、管理するひとは信頼できるひとでなければならない。

そして、そのひとは書かれている内容を吟味して最も適切な対応策を講じる。この投書箱はチクルことが目的ではなく、学校を教育環境を良くするための方法だから、何でも書いて結構。ただ、ポイントは学校関係者に管理させないというところ。学校を密室にせず、社会に開かれた教育施設とするために、是非取り上げて欲しい。議論して欲しい。

いじめ問題を考えるとき、ほんとうは、学校なんて行かなくて良いんだよ、と言ってやるべきだと思うんだ。そのうえで、学校以外に学ぶことが出来る方法や仕組みを設け、こども達が自らそれを選択できるのが一番良いと思っているのだが...

つまり、こどもたちが容易に学校というくびきから逃げ出すことが可能となるような仕組みを考えるべきじゃないだろうか。勤め先に嫌な奴がいれば、そこを辞めるか転勤を希望することが出来る。いや、顔を合わさなければ良い。しかし、きわめて閉鎖的な空間である学校ではそれは出来ない。学校はもっともっとオープンにしていくべきじゃないだろうか。

もっと言えば、先生を選択できる、担任制度を廃止し、クラスを選ぶことが出来る。とにかく、いじめを無くすために、どうするべきか真剣に考え実践していかなければならない。とりあえず、投書箱の設置からでも始めてみたらどうだろう。

(同日の夜追記)
近頃の教育現場では「生徒が怖くて怒れない先生」が多いらしい。と言うか、いじめをしてる生徒(もしくはその親)が怖いからその生徒を怒れないという状況があるそうだ。だからこそ、投書箱は効果的だと思うのだが。ばしばし、先生の悪口評価も書けばよい。


同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。