雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年07月07日

図書館は文化教育の基本

わたしは図書館を非常に重要な施設であると考えている。そのレベルが、自治体や学校等のレベルを決定すると信じている。それ故、次のニュースには違和感を持つ。

図書館協会が「日本が強制連行、殺害」断定の韓国慰安婦本を推奨したという報道である。

これについて、同協会は「韓国では反日的な意見もあるということを知ってもらうために選定した。誤解を招く部分もあるが、前例がないので選定図書を取り消すつもりはない」と答えている。

これに関して、慰安婦問題に詳しい東京基督教大の西岡力教授は「元慰安婦女性の証言などには真実の裏付けがないことが日韓の研究者や日本政府の調査でほぼ判明しているが、それらを無視した非常に偏向的な内容で、公的機関が推奨するのは極めて不適切だ」と指摘したそうだ。

思うに、同協会のコメントにある「韓国では反日的な意見もあるということを知ってもらうために選定した」って、そんなことみんな知っているんじゃない。東日本大震災のとき、「おめでとう」とネットで喜んでいた反日活動家たちが話題になったことだし、中国や韓国が国内で反日教育をしていることはみんな知っているんじゃない。

それから「前例がないので選定図書を取り消すつもりはない」って、おそらく文科省のOBさんなんでしょうね。前例主義。事大主義。無謬(むびょう)の主張。完全な役人的態度であり発想だ。かって、まったく読まれない異常な本が全国の図書館に置かれていることを知り、調べたことがある。わかったことは、国会図書館のOBさんが書いた本で、自治体図書館は推薦に基づき購入したようだ。また、こんな事件も聞いたことがある。ある公共の図書館の司書さんが右翼系の図書(例えば、太平洋戦争は間違っていなかったなど)を大量に廃棄してしまった事件もあった。その司書さんの思想に反するから廃棄したのであって、もちろん故意によるものである。

わたしは、学校に限らず、図書館行政は自治体にとってきわめて重要な行政施策であると思っている。和歌山県・市の関係者は、大阪市立中央図書館などを視察し、和歌山のそれがどれほど遅れているのかを知って欲しい。貧しい県・市の財政事情のなか、職員の方々は頑張っておられるが、自治体の文化教育の根本を支えていると考え、なお一層頑張っていただきたい。

なお、当然、和歌山市民図書館、それに大阪市立図書館などは、この書籍を既に購入している。

参考:書名等
20年間の水曜日 -日本軍「慰安婦」ハルモニが叫ぶゆるぎない希望- 尹 美香著 東方出版 2011.8
和歌山市民図書館の貸し出し状況
大阪市立図書館の貸し出し状況

蛇足:
わたしは、こんな本など公共図書館が購入するべきではないとは考えておりません。財政事情が許せば、あらゆる本を購入して良いと思います。ただ、限られた予算ですから、ほかにもっと早く購入すべき本もあるのではないかと思うのです。書籍の購入の決定過程をオープンしていただくと良いなぁ...


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。