雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年07月14日

和歌山県教委がいじめ実態調査

大津市の校内犯罪を契機に、教育委員会制度や学校システムを変えるべきだと思う。ちょっとだけでも変わっていくべきだと思っていたら、昨日、和歌山県の教委がいじめ実態調査を夏休み明けに実施するというニュースを聞き、良しと思い、そうブログに書いた。

大津市をはじめ、いじめについては教育関係者はタッチしないように、知らないように、関わらないようにしていた。教育長も、いじめに関する報告書をさらっと見ただけで、同級生たちが書いていた酷いいじめの報告も見落としていました、と答えている。

これは何故か。言うまでもなく、そうすれば、いじめは無かった、いじめは認知できなかった、と言えるからだ。学校側は把握していなかった。つまり、責任を逃れることができるのだ。本心は学校や教育関係者はいじめを把握したくないのだ。把握したくないから、調査なども形式になるのは当然のこと。

そして、事実関係が徐々に明らかになってきたとしても、その体質は一朝一夕で変わるわけはない。もう後はお決まりの責任逃れ、言い訳け、開き直りだけ。

教育関係者というのはそういう体質であると思い込んでいただけに、和歌山県教委が実施しようとしているいじめ調査には些か吃驚した。

それで考えたのが、調査アンケートの提出先であるが、学校や教育関係者あてにはしないほうが良い。第三者宛に提出させるべきだと思う。例えば、警察署、交番、裁判所、検察官等。

はっきり言って、こどもたちは今の先生方を信頼していないのでは、と疑っている。あの極めて愚劣で無責任で非人間的な恥ずべき似非教育者。教育長、校長、担任教師たちは大津市だけではなく、おそらく全国共通、どこにでもいるであろう。残念ながら和歌山県の実態もそうであるかもしれない。せっかくの県教委の英断である。調査をやるからには徹底して欲しい。

そうです徹底的に。調査事項には、あなたは担任先生や校長先生を信頼していますか、先生は頼りになりますか。お友達とけんかしたり、いじめられたり、いじめたことはありますか。あなたの学校には何か問題がありますか、好きな先生、嫌いな先生はいますか。あなたは、学校に来ることが楽しいですか...


同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。