雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年07月19日

黙殺続ける大津市教育委員長

見てみぬフリをし続けているのは、教育長、学校長だけではない。大津市の教育委員長もその一人だ。形式であっても組織のトップである。何故、表に出てこないのか。

このような事態をどう考えているのか。遅きに失してもトップとしての見識を述べるべきではないのか。

わたしは当面、このことを訴え続けたい。大津市の体質、逃げれば何とかなるというその体質。それをわたしは追求し続ける。でないと、死んだこどもも浮かばれないだろう。そして、そのうえであなたのポストは、わが国の教育界にとって無用なものであり、存在すること自体が害でないだろうかということを、公安委員会等と比較しながら議論したい。


蛇足ではあるが、自治体の教育委員会を教育本部に改め、現行の委員会をチェック機関として再編する。つまり、行政委員会として形骸化した教育委員会システムを教育本部長(新設ポスト)に改変して、教育委員会をチェック機関あるいは監視機関として再編する。

都道府県知事または市町村長が教育本部長を議会の同意を経て任命するシステムにすればどうか。そうすれば、責任の所在もより明確になる。つまり、実態に合わせ、合議制の委員会から独任制の組織にすればどうだろうか。そして、それと相対する形で委員会を設置すれば、現状よりもチェック&バランスが取れると思うのだが...

それから、これも訴え続けたい。校内で見逃されている不祥事の多くは、単純ないたずらやいじめではない、それらは校内犯罪である。窃盗、侮辱、名誉毀損、暴行、傷害、決闘、恐喝、強盗罪等々。そして、教師や同級生たちの教唆、ほう助罪。

諸君、助けてくれというのは恥ずべきことではない。校内では助けてくれる人は一人もいないかもしれない。しかし、そんなとき携帯から110番せよ。もし、君が街中で強盗に遭えば110番するだろう。校内でも同じだ。そこで、強盗に遭ったとき、先生なんぞに助けを求めるな。すぐに警察に電話しろ。恥ずかしいことではない。

それで、警察が対応しないときは翌日から学校なんぞに行くな。強盗がいるような場所に出かけるバカはいない。勉強なぞは一人でも出来る。学校に行かなくてはという幻想を捨てろ。近いうちに、義務教育制度や学校制度は大きく変わるに違いない。

とにかく身を守れ、学校に行けと両親に言われたなら、近くの交番に行け。そして、校内の強盗たちを少年院や保護観察所に送り込め。仕返しなんぞ絶対にさせぬ。真に反省するまで、施設からは出さぬ、やがて少年法は廃止されるのだから...

わたしが言いたいことは、絶対に死ぬな、そのひとこと。死ぬのは恥じぞ。助けてくれということよりも恥ずかしいことぞ。死という世界に逃げ込むな。すこしでもそんなことを考えたなら、そんなつまらない学校なんぞに行かなくて良い。そんなところへ絶対に近寄るな。

だから、だから、大きな声で言え、学校なんぞにいきたくはないって。あんな糞みたいな奴しかいない学校になんぞいきたくはない、と。それで良いのだ。朝、学校に向かわず、交番か図書館に行こう。ちょっと勇気はいるけど。警察はまだ学校よりは信頼できるだろう。絶望するなよ。わたしは、わたしたちは、あなたの助けを求める声に必ず応えるから...


同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。