雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年07月22日

校内犯罪との戦い

もう、「いじめ」という言葉を使わないようにしようよ。それは、侮辱、名誉毀損、強要、暴行、傷害、窃盗、恐喝、強盗、器物損壊罪等々の犯罪なのだから。法律用語は難しくとも、校内のいじめは厳密に言えば全て犯罪に該当する。

極言すれば、学校は今や無法状態の閉鎖・閉塞空間である。犯罪特区である。それ故、そこを法治国家の一区域として開放しなければならない。まず、第一は、悪いことは悪い、度が過ぎた悪いことは学校以外の矯正施設で改善更生させる必要がある。

そのためには、教師に司法警察権を持たせるのも一案であるが、そもそも教師自体にやる気はないし、能力や体力もないだろう。だから、1日一回はお巡りさんに校内を巡察してもらう。当面、大津のあの学校などは1日三回。

そのうえで、校内の要所要所に監視カメラと投書箱を設置し、それらをお巡りさんがチェックをする。とりあえずは、これらのことを実施する。教育委員会については、能力がない、知見のない、自覚のない委員には即刻辞表を出してもらおう。

あのような悲劇が二度と起こらないように義務教育制度(教育委員会やPTAシステムを含む)、少年法などの根本的な改廃を急ごう。

義務教育制度の改革のキーワードは、「校内犯罪の撲滅」と犯罪に対する「厳罰化」。それを踏まえて、現行の学校システムの再設計をしていこう。実際、大津市の教育長たちを見ていると子供たちがかわいそうだ。わたしは、どうしても彼らを教育者だとは認めたくない。あまりにも酷すぎるのだ。いささか極論かも知れぬが、こどもの命を守るために大改革をやった方が良いと信じている。

参考:
学校現場がどれほど無法状態であるかは、「校内暴力 戦いの日々」の記事を読んでも分かる。

どこかのブログで読んだのだが、戦前の実話。結婚前夜、ひとりの女性が自殺した。遺書が残されていた。ご両親は、亡き娘の命をかけた訴えを、涙を飲んで公開された。それには、昔、先生に強姦されたことが綴られていた。その先生は、今は有名な教育者であり校長になっていたため、世の中は騒然となった。こういった話は多い。逆に、教師が被害者となるケースも少なくない。学校という閉ざされた異空間で、こどもも先生も誰もが泣くことのないようにシステムを変えていこう。


同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。