雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年07月25日

大津のいじめに関する議論

森口朗さんという方が書いておられます。


今通っている学校だけが居場所じゃない
学校が嫌なら転校だってできる制度にすべきだし、内藤朝雄氏が言うところの学級制度のない中学校というのを造るのも私は賛成です(私は内藤さんのように過激ではないので全ての学級制度を潰せとは主張しません。あくまで学級制度のない単位制中学も造ったらどうかと提案するだけですけど)。

あるいは、米国で流行しているような自宅学習も、保護者が責任をもって学力レベルを確保できるのであれば認めるべきだと思います。


同感です。システムを変える必要があるとわたしも思っています。
一方で、次のようなコメントを書いているのを読みました。

イジメたことも
イジメられたことも
イジメを克服したことも
経験しないで大人になったとして
本当に「人格が完成した」と言えるのか?


いじめを経験しないと人格が完成できないのでしょうか。おそらく、いじめを必要悪と認めているうえで、これを克服してほしいということなのでしょうが、容認できません。いじめは悪いこと、なくすべきことと認識したうえで、ではどうすれば、いじめを無くす、あるいは減らすことが出来るかを考えるべきではないでしょうか。

いじめと人格の完成は直接の関係はありません。他人をいじめるのはいけないことです。やってはいけないことなのです。いじめを見つけたら、叱らなければなりません。それを肯定して、それを克服せよと言うならば、空手や柔道を習っていじめをする奴を叩き潰せということになりえます。それとも、いじめに耐え我慢しろということになりかねません。

次にこのような意見もあります。

子どもの通常の喧嘩に警察を呼べ、という人はいないだろう。大半のケースは、そこまでの必要はないはずだし、そもそも「決して許されない」かどうかも議論の余地があるはずだ。喧嘩は、子どもの発育の上で重要な意義をもっている。喧嘩を通じて、人とのつきあいや、ストレスへの対処を学ぶわけだ。そして学校は、そうしたことを、教師の目の届く範囲で行う機会を与えることのできる場所であるはずだ。

いじめにも、そういう部分はあるのではないか。子どもを自殺に追いやるようなひどいいじめがいきなり発生するとは考えにくい。ある程度の時間的経過があるはずだ。そうした中で、ひどいいじめにならないよう教師が注意しながら、子どもたちの交流を見守り、指導していくのが本筋だろう。「決して許さない」のは「ひどいいじめ」であり、それに至らないものは、教育の中で直していく。その線引は、被害者や加害者との日常の交流の中で、教師が判断していくべきものかと思う。その判断が信頼されていると教師が思えば、いじめを報告することに躊躇はしないはずだ。


一見もっともらしく聞こえます。が、要は喧嘩というのは教育上必要なものであり、教師が指導することにより、生徒も悪質ないじめを報告するようになるだろうと言う考えのようです。このような理想論というか現実離れをしている論を読むと、悲しくなってきます。甘いと思います。もはや事態はそういうものではありません。

森口朗さんという方が書いていることと比べてどうですか。後者お二人の考え方からは何も生まれてきません。何も変わりません。イジメを克服できず、自殺したものは弱いもので生きていても人格の完成などできなかったろう。そんなことをあなたは言えますか。また、生徒が教師を信頼できないから自殺をしたのだろう。結局、教師の判断ミスで、ひどいいじめにならないよう教師はもっと注意するべきだった。これでは何時までたっても問題は解決できないでしょう。

わたしは、制度を変えるべきだという森口朗さんたちの考えを支持します。まずは教育委員会を解体し、現行の教育長および委員会事務局と対峙するチェック機関とするため、教育委員メンバーから教育長を外します。そして、新たな教育委員会に、教育長を本部長とする教育行政を監視・監督する権限と機能を与えます。できれば、教育長を任期4年の民選職にします。とりあえずは、能力と気力のない委員には辞表を出していただきたいと思います。能力なき名誉職など不要です。


同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。