雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年08月02日

ようやくマスコミがまともな意見を

大津市のいじめ問題は、教師個人の問題になりつつある。わたしは、それは本質的な問題ではなく、わが国の教育システムに問題があるのではないかと思っている。

まず、その一は教育委員会の在り方である。今回初めてマスコミが社説という形でこの問題を取り上げた。具体的提言ではないが、「教育委員会は現状のままでいいのか。文科省はその在り方を再検討する必要があろう」と書いていた。

これを読んでうれしく思った。大津市、市教育委員会、警察等があの事件の真相を解明することは当たり前のことであるが、この事件の本質はそこにはない。いじめを無くし、無くすことができないのならば、いじめられているこどもがそれにノーと言える仕組み、あるいはそこから脱出できる仕組みを模索するべきだ。

つまり、無能で役立たずな教育委員会などは改廃し、開放された学校システムにするため義務教育制度そのものを見直す必要があると考える。しかし、現段階では、まずは現行の教育委員会を見直すことから始めるのも止むを得ないところだろう。そして、そのことを今回マスコミが社説で主張したことを大いに評価する。

昨年だったろうか、和歌山県か市で一人の教育委員が退任し交代した。たしか女性委員だったが、その後任を調べたら、前任の委員の系列(グループ)か何かの関係のようだった。つまり、教育委員というポストを馴れ合いで持ち回りしているんじゃないかという疑惑を持った。別にこれを批判しているわけではない。現行システムがそうなっているから教育に無縁の者でも持ち回りでも、どうでも良い。極言すれば、現行の仕組みでは委員は誰でも委員だ^^

しかし本来、教育委員とはそのような者で良いのだろうか。今般の事件はそのことを提起した。現在の和歌山県と和歌山市の教育委員の皆さん、あなた方が本当に県・市の教育のことをお考えになったうえで、その職(ポスト)にお就きになっているのでしょうか。それとも単なる名誉職としてでしょうか。

大津の問題は、すでに同市だけの問題ではなくなっている。全ての自治体共通の問題である。和歌山県と市の教育委員会においては、次の定例会でこの問題についての議論を期待したい。ただ、付け加えるならば、組織の形骸化はひとり教育委員会だけではない。それは自治体議会においてもそのきらいは大いにあると日ごろ感じている。

全文引用
いじめ対策 教育委員会の在り方問い直せ(8月2日付・読売社説)

文部科学省がいじめ対策を専門に扱う新組織を発足させた。大津市で中学2年生が自殺した問題を受けた措置だ。

埼玉県草加市や大阪府寝屋川市でも中学生がいじめで重傷を負っていた。

いじめを巡る問題は後を絶たない。新たな対策室を有効に機能させ、子供を苦しめるいじめの抑止に役立ててもらいたい。

新組織は約20人の体制だ。警察庁の職員も参加する。深刻ないじめや、いじめを苦にした自殺が起きた際、学校や教育委員会に対し、原因究明や防止策を指導、助言することを想定している。

文科省は従来、個別のいじめの対応については、学校や教委に委ねてきた。全国的な傾向の把握には取り組んできたが、対策は後手に回っていたと言えよう。

対策室の設置は、現場任せでは問題は解決しないと判断した結果だろう。文科省はいじめに関する情報を集約し、緊急を要する事案に対処できる体制を構築していく必要がある。

子供の自殺防止のため、専門家を派遣して、適切なアドバイスをすることも重要だ。

ただ、文科省がすべてのいじめに直接対応するのは無理がある。最前線でいじめ対策を担うのは、やはり学校や教育委員会だ。

大津市の問題では市教委の機能不全が浮き彫りになった。教委の立て直しは喫緊の課題である。

大津市教委は生徒の自殺後に実施したアンケートで、多くの生徒からいじめに関する情報を得ながら、早々に調査を打ち切った。

自殺後に開かれた市教委の定例会では、教育委員からいじめ問題への質問や意見は出なかったという。市教委には、問題の重大性の認識も、自殺の原因を究明しようという姿勢も感じられない。

教育委員会の存在意義が厳しく問われている。

地域住民から任命された委員らで構成する教委については、かねて形骸化が指摘されている。首長から独立した機関であるにもかかわらず、実務を担う事務局の方針を追認するケースが目立つ。

事務局を統括する教育長の多くは教師出身者だ。学校で問題が生じた際に、「仲間意識」が働いて適切な対応がとれていないとの批判も絶えない。

教委不要論も根強い。地方分権の観点から、教委の設置を自治体の選択制にすべきだと主張する首長もいる。教育委員会は現状のままでいいのか。文科省はその在り方を再検討する必要があろう。

(2012年8月2日01時26分 読売新聞)

同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。