雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年08月03日

開かれた学校

学校とそれを取り巻く環境は、ある意味、閉鎖社会の典型である。流行の言葉で言えば、教育ムラである。もう随分昔になるでしょうか、ある学校は、体育の時間に武道、柔道だったか、を教科にしており、それに宗教上の理由から欠席(見学)をしている生徒がいました。

その生徒は、学校から体育の単位が足りないことを理由に留年を命じられます。生徒は、ある宗教に帰依しており、他人を攻撃してはいけないという教えを守るため、体育正課の柔道を欠席し続けたのです。

学校はそれを理由として翌年も留年を命じたので、とうとう生徒は司法に訴え出ます。さて、司法(裁判所)はどう判断したでしょうか。この生徒の言い分を認めます。学校は、この生徒のため柔道以外の体育教科を設定するべきで、教育の多様性、生徒の多様性に対応しなければならないというものでした。

さて、現在の学校のクラスでの出席のとり方はどうでしょうか。男女別のあいうえお順でしょうか。これも何年も前から、ある人が男女区別なくあいうえお順で呼ぶべきではないかと訴え続けています。何故、男性が先で女性が後なのか、と。あなたの学校ではどういう順番で生徒の名前を呼んでいるのでしょうか。

わたしは、ずっと言い続けています。多様であって良い。民主主義は自分の意見と違う異質な考え方を前提にして成り立っている。背の高い人、低い人、面白い人、まじめな人、傷がいを持つ人、そうでない人、さまざまな人がいる。それこそが、世のなかを楽しくしてくれるのだ。みんながロボットのように同じであれば退屈じゃないだろうか。不気味じゃないだろうか。


同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。