雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年08月10日

担任の女性教諭に暴力を

あの大津市立中学校の事件の容疑者の一人が今年5月、担任の女性教諭に暴力をふるい、手の小指を剥離(はくり)骨折させて約1カ月のけがを負わせていたことが、市教委への取材でわかりました。

市教委は「本人が反省しているため、担任も含めて学校で話し合い、教育的配慮で被害届を出さないことに決めた」そうです。

ネットでは、この暴力を振るった生徒が誰かを推理しています。一説によれば、今年5月と言うことから、今も学校に居残っているただ一人の生徒で、3人のうち一番犯行の関与が低いとか言われていた生徒じゃないかな、と推測されています。

それにしても、一体、ここの中学校は何ですか。暴力を振るわれても小指を骨折されても、謝れば許してあげるのですか。学校のこのような姿勢を見て、他の生徒は失望してしまいますよね。もうやりたい放題じゃないですか。いじめ事件といい、この事件といい、この学校は本当におかしいと思います。彼らがいう教育的配慮とは何なのか。教育的配慮と言っていますが、わたしには、この学校特有の事なかれ主義、官僚主義を背景とする隠蔽に思えて仕方がありません。

加えて、この事件が起こったのが、あのいじめ事件の民事訴訟の公判直後であったことからも、ウヤムヤにしてしまったのではないだろうかと思います。

追記:
・5月下旬、体育館での修学旅行の事前指導中に、この生徒が理由もなく家に帰ろうとしたため、女性教諭が止めようとしたところ、複数回、殴る蹴るの暴行を加えたとのことです。

・大津市教育委員会によると、今年5月、いじめ加害者とされる生徒が学校内で暴れることがあった。女性教諭が止めに入ったが、生徒が抵抗して足を蹴り上げた際に、制しようとした手に当たり、結果的にけがを負ってしまった、という。

・そう言えば、転校した一人が集団リンチ事件を起こしていたが、あれはどうなったのだろう。やはり教育的配慮でウヤムヤにしてしまったのだろうか。

・この調子でいくと、まだまだ何か出てきそうだな。例えば、示談金として女性教諭に数百万円を渡したとか??? それにしても、このことが何故、今頃出てきたのだろう。小指の包帯の理由、誰も知らなかったのだろうか。うまく隠せたものだ。


同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事画像
根性焼き
大津市の校内犯罪は
同じカテゴリー(大津市いじめ問題)の記事
 大津市いじめ問題は終わっていない (2013-04-03 22:40)
 大津市の第三者委員会報告書 (2013-02-01 09:13)
 より良くなるのか教育制度 (2013-01-25 19:51)
 大津市の校内犯罪の捜査状況 (2012-12-22 18:08)
 いじめ対策基本法案(仮称)に期待 (2012-11-10 08:47)
 申し訳ないが吹いてしまった (2012-11-07 08:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。