雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年08月28日

和歌山市長ら韓国済州市訪問

両市の姉妹都市提携25周年を記念し、和歌山市の大橋建一市長、市議会副議長、市議ら訪問団11人が27日、済州市に向けて出発した。済州市長を表敬訪問するほか、記念式典への参加、民間団体との交流などの公務を果たし29日に帰国する予定。

去る10日の李明博大統領の竹島(韓国名:独島-ドクト)訪問後の20日に、済州市側から「純粋な気持ちで交流したいので、ぜひ訪問してほしい」との内容の親書が届いたという。 和歌山市国際交流課は「韓国と国家関係はこじれようと地方レベルでは仲良くしていく」方針とのこと。和歌山市も国家の一団体である限り、国家関係から抜け出すことはできない。が、両国の国交が断絶すれば別だけど、現時点では、正論であるとわたしは思う。

和歌山市同様、或いはそれ以上に韓国済州市は悩んだことと思う。韓国全土が反日の最中の姉妹都市招待という親書である。わたしは、ありがたいことだと思っている。おそらく、済州市にはたくさんの批判があったことと思う。


出典:済州市は済州特別自治道の道庁所在地

この島は、かってひとつの王国であり、長く政治犯等の流刑地でもあった。一般に、政治犯の流刑地からは、後世、優秀な人が輩出すると言われる。沖縄の石垣島もそうである。一方、刑法事犯の流刑地からは運動などに秀でた人が多いと言われる。これは一般に言われていることだが、それが真に事実かどうかは保証の限りではない。

ところで何故、このような時期に済州市は姉妹都市和歌山市を招聘したのか。推測だが、先月の和歌山市における記念行事への答礼の意味。招待するとの約束が交わされていたこと。そして何より、韓国本土に対する屈折した感情、あの惨たらしい済州島四・三事件が背景にあるのではないだろうか。

済州島民は朝鮮半島本土と違い、性格は温厚で生活様式が日本に近いと言われる。縁あって、姉妹都市になったのだ。両国の多少の波風に負けず、その絆を大切にしていくことは良いことである。ほんとうの友好都市であるなら、率直に竹島の問題や今般の大統領の妄言についても互いに語って欲しいと願っている。

蛇足:こんな時期に、あるいは和歌山市の訪問団11人は多すぎるのではなど批判もあるだろう。しかし、わたしは、今回の和歌山市と済州市の姉妹都市25周年の相互親善の交流を支持したいと考えている。

参考:東アジア現代史最大の悲劇の一つである済州島四・三事件は日本人も是非知っておくべき半島の歴史だと思います。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。