雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年10月19日

第四の権力

朝日新聞100%出資の子会社が発行する「週刊朝日」で橋下大阪市長の出自を暴き立て罵倒した連載記事が売り出された。これについて同市長が抗議し、今後、朝日新聞社の取材での質問を拒否するという発言があった。

わたしは連載記事を読んでいない。読む気もしないが、かねがね朝日新聞という会社は最低の会社だと感じていた。わが国での発行部数は読売に継ぐ第2のマスメディアであるにも拘らず、偏った思い込みの強い正義感、公私の別をわきまえぬ節操の無い社風。嘘を平気で書き、謝罪もせぬエリート意識の鼻持ちならぬ高給取りたちの巣窟(そうくつ)。

わたしのこの文章では、朝日新聞に対する罵倒にはなっていないだろうが、これまでの朝日の誤った、或いは無責任な記事で、どれだけの人が苦しみ、国策を誤らせたのかということを思うと、まだまだ言い足りない。できるだけ早く市場から撤退していただきたい会社のひとつだと感じている。

今回、この件では週刊朝日編集長が謝罪コメントを発表し、「次号で『おわび』を掲載」することになった。

しかし、普通の人はマスメディアから何か言われたら、言われっぱなしになってしまっているのが現状である。ある種の天分を持つ橋下市長だからこそ勝ち得たことだと思う。

これを機会に、第四の権力であるマスメディアのチェックをするため、国家ではなく国民ができるシステムを創る必要があるのではないだろうか。



蛇足(1時間後の追記):週刊朝日の編集長のお詫びコメントは、被差別地区の特定に関する事についての謝罪だけなのか。それとも、公人に対する出自等プライバシーを冒し、個人情報保護の一線を越えたことに対してのお詫びなのか。記事中、誤った事実が書かれていたことへのお詫びなのか。なお、引き続きワッチイングの必要がある。

蛇足(1時間30分後の追記):よく考えれば、この週刊朝日の記事って、嫌いな奴に「お前の母ちゃんデベソ」って言ってるのと同じなんだな、レベル的には。


同じカテゴリー(公益)の記事画像
JR和歌山駅のだまし絵
慰安婦問題の虚偽報道
ちょっとやり過ぎかも
きみはタマちゃんを見たか
和歌山市内のウォークキングMAP
和歌山大学前駅
同じカテゴリー(公益)の記事
 大統領とオトコの話題 (2015-12-18 11:35)
 慰安婦は天皇からの贈り物 (2015-09-13 09:38)
 韓国外相を歓迎する (2015-06-18 09:45)
 JR和歌山駅のだまし絵 (2014-12-08 09:56)
 朝日新聞の権威 (2014-09-14 09:20)
 報道の責任の重さ (2014-09-13 07:22)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。