雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年10月23日

ぶらくり丁の場外馬券場問題

和歌山市中心部のぶらくり丁商店街に、兵庫県尼崎市の事業会社が場外馬券売り場の設置計画を進めている。地元自治会等は際どい票差ながら賛成に回り、市長も賛成の意向である。

大阪駅の北側(芝田)、徒歩5分程度のところに場外馬券売り場がある。開催日はすごい人出でけっこうな数の警備員が交通の整理をしている。見る限り、どちらかと言うとガラが良いとは言えない連中が多いのだが、周辺の喫茶店、食堂などは客になっているようだ。

かっての和歌山市の中心市街地・ぶらくり丁の賑わいはすごかった。しかし、路面電車という中心市街地への便利な公共アクセスが廃止され、県立図書館、和歌山大学、医大付属病院などの公共・集客施設も移転してしまった。そのうえ、より安く、アクセスも便利で魅力的な大型店舗が郊外に開店し、客の流れは全く変わってしまった。

映画館などの娯楽施設は皆無と言ってもよいぐらいで平日休日とも人出も少ない。行政はかなりの補助金を注ぎ込み活性化を図っているが状況は芳しくない。

そういう状況を踏まえるならば、場外馬券売り場の誘致設置は止むを得ないのかなと思う。良い客筋ではないだろうが、人が近寄らず寂れていくよりもましだろう。とにかく、商店街には賑わいがなければならない。人が集まってくれば活気も出てくる。

でも、ぶらくり丁活性化の問題は商店街にある。ほんとうに彼らはやる気があるのだろうか。何だか、NPOなど公共・公益的企業の店舗がやたらと眼につき、営利企業、新規の商店店舗の出店があるように思えない。もう少し賑わいを取り戻してほしいという気持ちと、どうでもいいや、関係ないという気持ちがある。

この街で育った者としての本音は、やっぱりブラクリ丁は中心街だし活性化して欲しいなと思っている。楽しくて、わくわくする様な昔のぶらくり丁が懐かしい。

蛇足だけど、JR和歌山駅の近鉄百貨店の経営は黒字なのだろうか、心配している。老朽化、耐震の必要を理由に閉鎖した近くの別館はどうなるのだろうか。


同じカテゴリー(公益)の記事画像
JR和歌山駅のだまし絵
慰安婦問題の虚偽報道
ちょっとやり過ぎかも
きみはタマちゃんを見たか
和歌山市内のウォークキングMAP
和歌山大学前駅
同じカテゴリー(公益)の記事
 大統領とオトコの話題 (2015-12-18 11:35)
 慰安婦は天皇からの贈り物 (2015-09-13 09:38)
 韓国外相を歓迎する (2015-06-18 09:45)
 JR和歌山駅のだまし絵 (2014-12-08 09:56)
 朝日新聞の権威 (2014-09-14 09:20)
 報道の責任の重さ (2014-09-13 07:22)

この記事へのコメント
近鉄の従業員減らしか直営店の縮小
新規メーカー店舗が集まらず
売り上げ歩合貸し店の増加で
集客・売り上げともに
どんどん悪くなってるみたいですね

となりのjowaも2階は店舗ガラガラ
2年後のイオンオープンでどうなるか
心配ですね
Posted by とおりすがり at 2012年10月23日 09:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。