雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2012年11月15日

首相は嘘をつかなかった

昨日(14日)午後、野田佳彦首相は党首討論で、自民党が衆院の小選挙区「一票の格差」是正と定数削減を確約すれば「16日の(衆院)解散をぜひやりとげたい」と明言した。

同日夕方、民主党は自民、公明両党に特例公債法案と衆院選挙制度改革関連法案を本日(15日)の衆院本会議で採決する日程を提案した。自公両党は応じる方向だ。これをうけ、政府・民主三役会議において、衆院選を12月4日公示ー16日投開票の日程で行うことを決めた。



わたしは、これを聞き、かろうじて民主党は壊滅を免れたと思った。一応、首相の「近いうちに」との約束は守られたことになった。このことは評価するべきである。

これによって民主党は救われた。残ることができる。おそらく、国民は民主党を見捨てないだろう。しかし、現実から眼を背け、自己の議席に固執し、反党(反執行部)行為をする議員とは袂を分かつべきだ。そのためにも政策という踏み絵を作ればよい。既に政党再編が始まっているのだから。

わたし個人としては、第三極(維新、太陽、みんな、生活第一など)の極端な国家観、競争原理主義、社会保障、弱者切捨ての危うさよりも自民と民主の現実政党による安定した政治を期待している。結局、自民と第三極がどれだけ票を伸ばせるか、民主がどれだけ持ち堪えることができるのかに尽きる。

少なくとも民主党が第三極等による草刈場となる事態は避けることができた。しかし、第二党(野党第一党)の位置を維持できるだろうか。最悪、第三極にも負けるという可能性はまだかなり高い。

12月16日に向けて、現実を踏まえた政策提示(マニフェスト)を武器にし、政策論争を経て正々堂々国民の信を問うて欲しい。さぁ今度は、我々国民が試されることになるのだ。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。