雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年01月08日

治安を守る

犯罪多発都市・大阪の隣県である和歌山も決して治安が良い街とは言えない。ただ、最近は大きな事件が(大阪から和歌山まで来てカーテンショップ勤務の女性を殺した事件があったけど)起こっていない。昨年は公務員の事件も多くは無かった。

やはり、産業、観光客等の誘致、住みやすい街づくりの基本は治安の良さにある。今、警察は暴対法のもと暴力団撲滅を目指すとともに、学校のいじめ問題はじめ、これまで民々の問題として避けていた訴えにも積極的に捜査権を行使しはじめている。

このような状況のなか、九州や中部地方において、今までに無かったような元警察官、現職の捜査官を襲ったり、脅したりする事件も起こってきている。警察庁も新採を体育会系の屈強な学生を優先したいという。

随分前のことだけど、私服の刑事がスリを逮捕するのに出あったことがある。東京新橋の路地に駆け込んできた二人が取っ組み合いをはじめた。若い方の男が中年の男を後ろ向きに壁に押さえつけた。男の後ろ手を背中に押し付けて、警察官だがスリを逮捕したと最寄の交番か110番に連絡してくれ、と怒鳴った。若い私服は興奮していた。つられて近くの店にあわてて駆け込み電話をかけた。

映画やドラマと違い迫力があった。その後、捜査員が前科何犯もの凶悪人に正業に就けと諭す話などを聞き、一部の警察官を除き、警察関係者は一般市民を問わず、犯罪者たちからも信頼されているのだと思った。まったく大変な職業だ。海の警察、海上保安庁職員とともに命がけの職業である。

暴力団以外にも外国人の犯罪、ITを悪用した知能犯など犯罪はますます多様化してきつつある。悪い輩からは畏れられ、一般住民からは頼りにされる、そういう警察組織を維持充実していって欲しい。わたしは、自衛隊、海上保安庁、警察組織を権力の犬、暴力装置と言った誰かを軽蔑する。そのうえで、銃や刀剣を持てない我が国では治安を守る任務は彼らに任せたのだから、彼らがその任に応えることを期待するのは当然のことであると断定する。確かによくやっていると思うがそれを結果に結び付けて欲しいと切に願っている。


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。