雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年01月22日

生徒を軽視した募集中止?

昨日(1月22日)、大阪市教委は橋下徹市長が要請した桜宮高体育系2科の募集中止を受け入れ、定員120人を普通科として募集する「妥協案」を選んだ。これをマスコミは予算執行権を“人質”にとる橋下市長の圧力に屈した形で、生徒を軽視した「政治決着」は後味の悪さを残したと報じた。

確かに政治決着だと思う。しかし、生徒を無視しているのだろうか。仮に、大阪市教委は何事も無いごとく、これまで同様の募集を決定していたならば、マスコミはどう報道したのだろうか。

何らの落ち度も無い受験生には気の毒なことである。でも、志望する学校に放置できない悪が発見されたとき、それを是正するためには個々の希望が犠牲になることは止むを得ない場合もある。例えば、甲子園の出場が決まった後、チームの一員が不祥事を起し、世の批判を受けチームが出場停止或いは辞退せざるを得ないときもある。一所懸命に努力してきた選手には実に気の毒なことである。

政治的な理由でオリンピックに選手団を送らないという政治判断をしたときもある。暴力集団のために東大等の受験を中止した年もある。個の問題よりも大きな公の問題もありうる。苦渋の判断をせざるを得ないときもある。

もうほんとうに極論を言えば、ある暴力団に参加しようとしていたが、警察の取締りによってその暴力団が解散させられた。参加できなくなったチンピラ(別にチンピラでなくてもいいけど)が「俺たちのことを軽視するのか」と言うのに少し通じるものが無いだろうか。問題が起こったとき、一度立ち止まり考え、治すべきところは治していくべきじゃないでしょうか。

ボーイング787型機に明白な欠陥が見つかったなら、いくらその飛行機に乗りたくとも我慢をしてもらうことになる。わたしは、今までこの国は様々な問題についてなぁなぁでやり過ごしてきたように感じられて仕方が無いのです。

やはり、人間として許してはならない問題、国民の生命に係わる根幹的な問題、社会にとっての本質的な問題についてはナァナァで済ましてはいけないと思うのです。先生による体罰という名の暴行は犯罪であって、教育の根幹に係わることです。弱いものへの攻撃という意味ではいじめ問題と同様ですが、完全に異なるのは教育という正義の名のもとに行われる犯罪であるということです。まさに問われていることは教育とは何かということであると思います。教育とは社会の根幹に関する事業であります。このことは国家にとって一大事のことであります。

もう一度、問いたいと思います。正当防衛、緊急避難を除き、体罰(校内暴力)は許されますか、教育上止むを得ないものなのですか。生徒を成長させるため、その子の将来を真剣に考えてするのならば、暴力を振るっても良いとお考えですか。わたしは、それを肯定することを批判しません。そういう教育を求めるならば、そういう学校(教育基本法適用外の教育機関)を創り入学すればよいのです。しかし、桜宮高はそういう学校ではありません。教育委員会、事務局、先生方、在校生、父兄、受験生のみなさん、よく考えてください。教育とは何か、学校教育に何を求めるべきなのでしょうか?


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。