雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年03月27日

セクハラ・わいせつ・パンスト詐取

今日、読売新聞(朝刊)の地方版は破廉恥な事件を三つ報じた。ひとつは、和歌山県立医科大学でのセクハラ。50歳の教授が女性職員にセクハラ行為を続けていたとして懲戒解雇された。教授は、立場を利用し約9ヶ月間もわいせつな行為やみだらな行為を強要し続けていたが、女性が大学に訴えて発覚した。

訴えを受けた大学は調査委員会を設置し関係者から事情の聴取を経て処分を決定した。教授はおおむね事実を認めているが女性への謝罪の言葉はないという。大学理事長は、記者会見で「許されない行為で、県民の皆様にお詫び申し上げる」と陳謝した。

ふたつめは、知人女性にわいせつ行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた和歌山県建築士会の元会長の判決である。被告は無罪を主張していたが、和歌山地裁は和歌山市内でタクシーに乗るよう22歳の知人女性を誘い、車内で抵抗する女性の胸を触るなどのわいせつ行為を事実と認定した。懲役1年6月の実刑判決であった。

最後は、2013年03月15日に書いたパンスト詐取事件の判決。判決では、被害者の一人と示談が成立しているとし、被告に懲役1年6月(執行猶予3年)を言い渡した。被告は実刑を免れた。

これらの事件はすべて和歌山市内で起こった事件である。が、医大のセクハラ教授は昨年1月に他大学から転任してきたとのことで、多分、和歌山県人ではないと思う。建築士会の元会長の住所も大阪府阪南市。最後の破廉恥罪のパンスト詐取の被告は残念ながら(?)住所が岩出市だった。

蛇足:タイトルを「和歌山エロエロ」にしようかなと思ったけど、結局、「セクハラ・わいせつ・パンスト詐取」にした。最近、和歌山関連であまり良いニュースがないなぁ....

追記(3月29日):
2007年末、和歌山医大43歳独身大学教授が同大学女子大生よりの質問事項に答えるとし、自宅に呼び必要以上に体を撫で懲戒処分になった事実があったらしい。http://okwave.jp/qa/q3624320.html

今回の50歳の男性教授といい、和歌山県立医科大学にはそういう規律のない雰囲気が以前からあるのだろうか。失敗学か何かでは、大きな事故がある前に多くの軽微な人為的ミスや不祥事があるという。そうならば、この大学の職場規律を徹底して確立しなければ、やがて患者さんへの大変な医療ミスなどがおきかねないと感じる。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」
無理をするなと上司無理を言う
被災者の心の傷
被災地での炊き出し支援
次々と悲しい報せが
避難生活
同じカテゴリー(その他)の記事
 北朝鮮が核実験見送りか? (2017-04-15 13:41)
 近頃珍しい好い話 (2017-03-22 09:49)
 第24回一筆啓上賞 日本一短い手紙「ごめんなさい」 (2017-02-05 11:00)
 無理をするなと上司無理を言う (2016-12-03 11:40)
 いろんなことが (2016-06-05 09:23)
 グーグルのアップス・スクリプト (2016-05-02 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。