雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年04月01日

関西人には、ご用心!

関西人には、ご用心! これは、書籍のタイトルです。著者は元大阪府議だそうです。ネットでは、面白過ぎるという意見と悪意に満ちているなどの悪評とがあります。昨年(2012)の12月18日発売で、和歌山市民図書館では2冊を購入し貸出しをしています。



この本を関西に対する悪意に満ちていると評価するひとは、例えば、書籍の帯の文章を取り上げています。

ことによると、中国・北よりも…厄介な関西人の心の奥を丸裸に!
あがく彼等に、もっと愛を…

大阪人…自己チュー、隠れ東京派
京都人…他者を見下すブランド主義
兵庫人…流行に敏感はマユツバだ
奈良人…雅でおっとりは大ウソ
和歌山人…バカヤマ自称の自虐の人
滋賀人…大人しそうだが、一番怖い

首都圏人とは根本的に異質な人々


和歌山に関しては、本文で「和歌山出身の松下幸之助さんが生前、和歌山に工場をつくらなかったと前置きし、新幹線・高速道路の時代の流れに乗れなかった恨みと心の底に怨念が渦巻いている」と書かれているそうです。ウーン、当たっているのだろうか。わたしは未読ですが、県人として個人的には、新幹線・高速道路の時代の流れに乗れなかった恨みや怨念はないし、関空が大阪府の泉南にできたことも取り立てて喜んではいない。

もちろん、和歌山が幹線軸から相当離れているという地理的な弱点は認識しているが、それを持って恨むとかは無いと思う。関西にはそれなりに良いところがあり、もちろん和歌山には一杯良いところがあると思っています。それに和歌山人は別に自虐ではなくて、謙虚なひとが多すぎるのではと思ったりしているんですが...


同じカテゴリー(小説と絵本)の記事画像
「ブラックジャックによろしく」全13巻の無料配信
赤毛のアンの作者
javascript版の「フライング・ザ・ホースマン」
読売新聞の気流欄
奇妙な喫茶店「イヴの時間」
知ろう歩こう和歌山城
同じカテゴリー(小説と絵本)の記事
 プロも熱中する「歴史マンガ」珠玉の5冊 (2016-07-18 09:43)
 「ブラックジャックによろしく」全13巻の無料配信 (2016-02-25 14:35)
 125年のトルコとの友情 (2015-12-01 08:43)
 赤毛のアンの作者 (2015-11-30 12:10)
 「聖の青春」と「将棋の子」を読んで (2015-11-20 09:44)
 松谷 みよ子さんの「いないいないばあ」 (2015-11-19 11:15)

この記事へのコメント
僕は以前、東京の事務所の人が

出張で来たときに

「関西弁って治らないですね・・・」

と言われました。

関東人のほうが注意が必要かも

しれません。

和歌山は普通だと思います。

日本国内で県の事を言っている

時代ではないと思うのですが

こうゆう本が出ているのが

不思議です、しかももと府議ですからね・・・

大阪も選挙でちゃんと選ばなあかんと思います。
         
Posted by みけみけ at 2013年04月01日 11:51
みけさん、コメントありがとうございます。

最近特に、刺激的なタイトルですが
内容が無い書籍がたくさん刊行されています。
長引く出版不況のなか、ますます若年層が
本離れしていかないかと心配です。

それに新刊の出版点数が増え続けているようです。
その影響で名著が品切れ・絶版になるペースが
早まっています。

ブログで紹介したので申し訳ないのですが、多分
わたしはこの本を読まないでしょう。
Posted by ecellecell at 2013年04月02日 08:08
ecell さん、

すみません(汗)。

なんか変なコメントをしてしまったかな?

っと思って心配してました。

タイトルと帯の文章に反応してしいました・・・

和歌山の雑学は楽しみにしています。
Posted by みけみけ at 2013年04月02日 13:26
いえいえ、何も心配などいりませんよ。
わたしのブログは適当で、独善的な感想
を綴っていますので、気になさらずに。
このブログが少しでも、みけさんの楽しみや
役に立つことがあればうれしいです^^
Posted by ecellecell at 2013年04月02日 20:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。