雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年04月29日

和歌山市議会議員を略式起訴

和歌山区検察庁は、4月25日、インターネットの掲示板で、和歌山市議会議員の男性議員を中傷したとして、同じ和歌山市議会議員の男性議員(40)を名誉毀損の罪で略式起訴しました。

この報道については、多くのメディアが被害者、被疑者両方の実名を出している。わかやま新報は実名を出していない。わたしもあえて実名は出さないことにした。何故かというと、現時点での報道では、動機がわからないからである。

中筋日延児童遊園の所有権争いについても、和歌山市当局が市議会に買取り案を提案した段階では第三取得者があちら系統の人だと報道されていなかった。白浜町保呂地区の「中間処理施設(清掃センター)の使用期間延長」問題についても詳細な報道はない。限られた情報しか入手できない。

報道のあり方はいつも問題なっている。例えば、ボクシングの亀田興毅選手のパフォーマンス騒動、奈良の騒音おばさんなど数え上げればきりが無い。読者は限られた情報で何が真実か判断しなければならない。それは極めて難しいことであって、多くはそのよう情報に乗せられてしまうことになる。

だから、今回の事件についても裏にどのような事情があるのか、何故、このようなバカげた書き込みをしたのかなどわからない状況ではあえて実名は出さないことが賢明と判断した。ただ、被疑者が書き込んだような事実はなかったことははっきりしたようだ。

さて、そもそもの問題である児童遊園の所有権争いはどうかといえば、まだ決着がつかないようである。民事裁判が長期化し実質審議に入っているところをみると、第三取得者の背任性(背信的悪意者)などの認定の可能性が大きくなっているのかもしれない。

この問題は、訴訟に勝てば、買取り提案サイドの市長、顧問弁護士、担当部局等の政治責任が、負ければ提案を拒否した議会サイドが政治的責任を問われることになる。しかし、問題の本質は、不動産登記をしていなかった行政側、つまり和歌山市のミスに帰着することはいうまでもない。不思議なことに議会はこのことを追及していないようだ。このミスのため顧問弁護士とは別に市職員として弁護士資格者を採用しているようだが、これって何だかおかしいと感じるナ。

まぁ、厳しく言えば和歌山市役所っていいかげんな仕事をしているって言われても仕方が無いんじゃない。そのうえで名誉毀損問題を起しているのだから、本当にどうしようもない。和歌山市の行政、それをチェックする議会等しっかり真面目にやってくれよと言いたい。報道機関(マスコミ)も警察や検察の公表をベタ記事で書くのではなく関係者の取材をするなど、いわゆるウラを取った報道をして欲しいナ。


関連:
2012年04月13日 和歌山市議会を捜索
2012年08月25日 和歌山市議書類送検
2012年10月28日 あれどうなったのかな


同じカテゴリー(行政)の記事画像
美しき虐殺者の死
安倍昭恵夫人のユーモア
なんか自民党、感じ悪いよね
森友学園籠池泰典理事長の国会喚問
雑賀鉄砲集?
全国学力テスト、2教科で全国最下位
同じカテゴリー(行政)の記事
 慢心、驕りの安倍内閣 (2017-06-10 12:47)
 介護に疲れた夫死ね (2017-05-07 11:20)
 あんたクビって言いたい (2017-04-28 08:25)
 喜劇かご池劇場 (2017-04-02 10:25)
 美しき虐殺者の死 (2017-03-31 10:47)
 籠池理事長の証言は真実か (2017-03-29 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。