雑学・和歌山→記事一覧 投稿した記事が増えてきましたので目次と要約のサイトにリンクしました(2010.4.3)。画像も増えてきましたので、雑学・和歌山 MY ALBUMにリンクしました(2011.2.12)。

2013年05月04日

国民平和大行進

読売新聞 5月4日朝刊は、「国民平和大行進」8日に北山村入りの見出しで次のように報じた。

全国で核兵器の廃絶を訴える「国民平和大行進」が8日、県内でもスタートする。横断幕やのぼりを持って行進し、6月3日まで県内を一巡、三重県に引き継ぐ。8月4日、広島市の平和記念公園で終結する。誰でも自由に参加できる。

原水爆禁止県協議会などによる原水爆禁止県平和行進実行委員会が主催。初日の8日は北山村、9日に新宮市、18日に田辺市、19日に御坊市、6月2日に岩出、紀の川両市などで実施する。

和歌山市では5月11日、市役所前で出発集会を開催した後、JR和歌山駅までの約2キロを歩く。問い合わせは同実行委(073・424・6533)。


核兵器の廃絶、それは政治的党派を超えて誰もが求めるところのことである。だから、この行進はとても良い活動だと思う。平和の尊さ、原水爆の禁止を訴えることに反対するものは誰もいない。

しかし、かって主催者の原水協は、ソ連など社会主義国の核実験は平和のためだとして肯定したことがある。そのため、旧社会党系などがそれに反発し、原水禁として分裂したと聞く。共産党が、ソ連の核実験は平和のためだと肯定した事実。それは1962年の「前衛」10月号でソ連の核実験を肯定していることから明白であるという。

以上のことは、平和運動を進める組織や政党に対する攻撃ではない。言いたいことは、核兵器の廃絶という目的があっても、考え方によっては分裂することもあり得ることである。ときによって、あるいは特定のひと、組織によって、崇高な目的のもとでの活動も政治問題となるということである。

このような政治的、思想的な意図はあらゆる人間活動に付随するものであろう。例えば、市民活動、ボランティアー活動でもそうだ。これはいけないことだろうか。わたしはそうは思わない。

ただ、和歌山県の原水爆禁止県平和行進実行委員会とは何か、どういう組織かということを知って欲しいと思う。そして、我が国での原水禁の運動が分裂しているということも知っておいて欲しいと思う。

そのうえで、わたしは人類の一人として、米軍による、1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分の広島市、同8月9日午前11時02分の長崎市への原子爆弾投下を決して忘れてはいけないと考えるのである。

参考:
☆ 原水爆禁止日本協議会 略称は原水
この組織は、都道府県を始め地域・労働組合内などを単位に下部組織を持ち、正式名称は「原水爆禁止○○協議会」、通称を「○○原水協」としている。

☆ 原水爆禁止日本国民会議 略称は原水


蛇足だが、世界の核開発の状況をまとめておこう。
1 核兵器保有の資格を国際的に認められた核保有国(核拡散防止条約 (NPT))
  アメリカ、ロシア(ソ連からの継承)、イギリス、フランス、中国の5か国(いわゆる五大国)
2 それ以外(NPT非批准)の核保有国
  インド、パキスタン、北朝鮮の3か国
3 核保有が確実視されている国
  イスラエル
4 核保有または核開発の疑惑国
  イラン、シリア、ミャンマーの3か国


同じカテゴリー(イベント)の記事画像
ハリケーンに向かってボートを漕いだ女性
今日のグーグルはグー
13億の大国のネットユーザー
ビハインド・ザ・コーヴ
バセットの涙
お正月の天気
同じカテゴリー(イベント)の記事
 「この世界の片隅に」 観たいなぁ (2017-03-29 19:30)
 政治とスポーツ (2016-08-12 08:52)
 5月の祝日 (2016-04-30 12:17)
 雨の中の桜花 (2016-04-04 09:49)
 卒業式の歌 (2016-03-27 10:04)
 Googleの国際女性デー (2016-03-08 09:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。